水道民営化について

【他市の議員と共に4人で世話人をしています】
【右最上段が講師の尾林弁護士です。私は左最上段。眉間に皺が(>_<)】

昨日は「大阪の水道の広域化・民営化を考える」というオンライン勉強会を世話人として企画・運営し、38名の参加者と共に勉強しました。東京から尾林弁護士に講師としてお話頂きましたが、大変興味深い内容でした。水の供給責任の根拠は憲法第25条第2項による、と冒頭に。ふむふむ、と納得。

大阪では、10月1日に報道された通り、大阪市が「来年4月から16年間で1,800㎞の水道管老朽更新を3,750億円で民間委託する」と準備を進め、応募事業者と意見交換をしてきたものの結局「これでは採算が取れない」と辞退されてしまった、という結果になりました。つまり、もっと委託料を上げるか、工事の条件を下げるしかないということです。

でも、本当に深刻なのは16年間も管路更新を民間に任せると、今まで培ってきた「公」の水道技術が途絶えてしまうことです。これを取り戻すことは簡単ではありません。

水はインフラの中でも最重要。水がなければ生きていけません。「水」を営利目的の企業に任せて良いとは思えません。実際にパリでは25年間の水道民営化の時期に様々な問題が起こり、すったもんだの末、2010年に再公営化しています。ロンドンでもwe own it(私達こそ所有者だ)ということで水道の再公営化の機運が高まっています(昨日の勉強会より)。

大阪の水道は今すぐに民営化すると決まっている訳ではありませんが、広域化の問題は目前に迫っており、高石市も令和6年度から水道事業を大阪水道企業団に統合する方向で進んでいます。様々な動きを注意深く見ていくと共に、水道に関しての世界的な情勢、水道法やPFI法などの法律、日本国内の状況などについて勉強を重ねていきます。

市長、その発言は事実ですか?

【表は山敷作成。人口は大阪府発表の人口推計より転記】

昨日で議会終了!最終日の一般質問は市長の酷い言動で質疑を妨げられ、本来準備していた内容の質疑応答が出来なかったことは残念でした。

冒頭、コロナ感染での自宅療養者と、濃厚接触者となるその家族に対する支援を質問。現在高石市ではネットスーパーの「利用料550円」の支援だけ(こちら)ということで、ネット利用できない人は対象外。市民みんなが安心して自宅療養・自宅待機できるように堺市や泉大津市のような仕組み(こちら)を作ってほしい、と要望だけして次の質疑に移ろうと思ったら…。答弁を求めていないのに市長が「議長!議長!!答弁させて下さい」と何度も自席から不規則発言。挙句の果てに「答弁させなさいよ!!!」と命令口調(゚д゚)!驚きました。この動画の27:30~ご覧ください。はっきりと聞き取れます…。

その後も、教育委員会に対して私が「発熱での欠席連絡に対してはPCR検査を勧めているか」というに質疑をしても何故か市長が登場。聞いてもいないことを長々と答弁。38:05には、あまりにも質疑と違う長々とした答弁に、議長に対して「議事進行」を申し出た私に、市長は「よく聞きなさい!」「よく聞きなさい!!」「あなたが聞こうとしてないから困ってるんだよ!」「答えてるんだから最後まで聞きなさいよ!!」と命令口調。そしてその勢いのまま「(保健所とも密接に連絡を取り合ってきた)。だから高石の陽性者の発生率は他市に比べて非常に低いんだっ!」と怒鳴り声(38:46~)。

しかし、これは事実ではありません。昨日時点で高石市民の人口1万人当たりの陽性者数は179人。府内33市の中で上から12番目。阪南8市の中では泉大津に次いで2番目に多いのです。何をもって「陽性者の発生率は他市と比べて『非常に』低い」などと言えたのでしょうか。

事実と違う答弁をして問題はないのでしょうか。その後に訂正もないまま、議会は閉会しました。

結局45分間の質問時間のうち合計10分以上を市長に使われてしまいました。

…職員さんとは事前に時間を使って綿密に打ち合わせをしていたし、きっと答弁を考えるのに時間も労力も傾注して下さっていただろうに、と思うと申し訳なかったです。

質問時間の最後40秒を使って市長に「今回は委員会でも本会議でも市長の態度は目に余るものがあったので、今後は気を付けて頂きたい」という主旨の要望をして終わりました。

修正案、否決でした

【提案理由の説明中】

17日のブログでは他会派からも修正案が提出される、と書いたのですが、結局本会議には提出されませんでした。一旦委員会には提出した修正案を、なぜ本会議に出さなかったのか…。うーん…。分からん。そして、この件で議会運営委員会が開催されなかったことも理解に苦しみました。委員長にも議長にも「開催すべき」と伝えましたが、結局開催されないまま本会議が開会しました。法的には問題ないとのことですが、議会運営としてこれで良かったんだろうか…。

さて、写真は私たちが提出した修正案の提案理由を説明している場面です。国からの交付金を一度ならず二度までも抽選で市民に配る、という方法が果たして税金の公平な使い方と言えるのか、と発言している場面。しかも抽選に参加するには20枚以内で3万円分のレシートが必要。日々の生活が苦しい市民へ温かい手を差し伸べよう、という意図は全く感じられない冷たい施策ではないか、ここは是非とも生活支援の要素も含んだ施策の実施を、と訴えています。他の議員に賛同を求めたのですが、結果は…。

【提案者だけの賛成で、否決。本当に残念】

…ということで、否決となりました。

明日は10時から一般質問です。私はトップバッターです!是非ともネット傍聴、よろしくお願いします。またご感想などもお聞かせください<m(__)m>

一息ついて…。議会は続くけど…。

【高石市千代田のcoffee my selfさん】

以前に伺った巣箱さんで戴いたコーヒーが本当に美味しくて「どこのコーヒー?」と訊いたら「すぐ近くにあるmy selfさん。頼んでから焙煎してくれるよ」とのこと。で、先日行って来ました!15分ほど店内で待たせて頂くと馥郁とした香りが(*^-^*)。そして丁寧にピッキングして袋詰めして下さいました。家族と一緒に飲むと、普段はコーヒーを好まない息子も「オイシイ!」と…。疲れた脳とカラダに沁みました。

さて、議会は明日から議案審議と一般質問です。補正予算への修正案。提案者を代表して私が提案理由を説明。議員の皆様にご賛同いただけるよう、そして市民の皆様に内容をご理解頂けるように丁寧に要点を絞って説明しなくちゃ、です。

そして一般質問はコロナ禍の中の様々な問題点などを中心に(通告書は以下の画像の通り)。こちらは最終日(22日)になると思います。21日、22日ともに10時開会予定。ネット傍聴よろしくお願いします。本会議場傍聴席での傍聴も可能です。その際は感染予防対策を是非とも<m(__)m>。

【決算委員会で確認できたものは省略予定】

960~992例目。減少傾向です。

【9月の大阪府の推移です。数は府のサイトでもご確認を】

今月1日には3000人を超えた大阪府の陽性者数に驚きましたΣ(・□・;)が、順調に減少しています。大体1週間後に重症者数がピークになりましたが、そちらも落ち着きつつあるようです。高石市民の陽性者数も並行して減少。療養中の皆様の一日も早い快復を祈ります。

【府内感染者数3桁キープは7月最終週以来】