福岡地区水道企業団へ

ここは日本で一番規模の大きい海水淡水化施設だそうです。

6日(火)から7日(水)は泉北水道企業団の視察で福岡市へ。1日目は牛頸(うしくび)浄水場、2日目は玄界灘に面した海水淡水化施設「まみずピア」を視察しました。

泉北水道企業団、というのは高石市・和泉市・泉大津市で構成され、光明池を水源とする水を1日約15,000㎥、給水人口約32万人に供給する企業団です。高石市の水道水の約25%は光明池からの水です。残りの75%は淀川を水源とする大阪広域水道企業団から購入しています。

福岡では筑後川からの取水により周辺6市7町1企業団1事務組合(給水人口約240万人)への用水供給を牛頸浄水場から行っています(1日約20万㎥)。筑後川以外の川や池・地下水などからも合わせて日に62万㎥の水が供給されているそうです。また玄界灘の海水を淡水化した水も1日平均3万㎥が供給されています。渇水に苦しんだ経験から、海水を淡水化しての利用を推進した福岡水道企業団ですが、その費用は莫大で、年間17億~18億円が必要だそうです。その半分ほどが脱塩処理のための高圧ポンプ稼働などの電気代ということでした。

さて、視察に先立ち2日(金)には泉北水道企業団議会が開催されました。実はこの企業団については廃止が検討されており、議会には何の説明もないままに話が進んでいるようです。2年前には2000万円以上を使って現状分析と今後の見通しについての案の作成をコンサル委託したのに、その結果すら正式に議会には説明していません。そこで、高石市議会議長から高石市の議会へ企業団からきちんと説明をするように10月5日に要望したのですが、和泉市長でもある辻企業団長からは断られました(阪口市長と泉大津の南出市長は副企業長です)。議会ではそのことについて質疑しましたが、納得のできる答弁は得られませんでした。

泉北水道企業団の施設は老朽化が進んでおり、確かに存続には多額のお金が必要です。でも危機管理の面から考えると、例えば津波の逆流で淀川の水が取水出来なくなったときや地震で送水管が破断したとき(実際に6月の大阪北部地震では基幹管が破断し、暫く北部地域への給水が止まっていました)、光明池の水があることで、市民への水の供給がゼロになることはないでしょう。

今回の視察先の福岡でも、筑後川の水だけでは渇水対応が難しく海水の淡水化にまで取組まれていました。国も二次水源を持つことを推奨しています。泉北水道企業団でも、是非二次水源として光明池の水を今後も大切に利用していかなければ、との思いを強くした視察でした。

避難訓練

暑い中、頑張って歩いて来ていました

11月5日に高石市の避難訓練が行われました。私は特に小学生の避難訓練について、実際に避難する場所で保護者への引き渡し訓練も行うよう、今まで何度も求めてきましたが、今年もそれは実行されず、鴨公園に来た学校もそのまま引き返して行きました。また、羽衣小学校は加茂小学校に避難し保護者へ引き渡す、との答弁を昨年12月に頂いていて、今年の6月にも改めて「引き渡し訓練は実際に避難する場所で行うように」と要望したにもかかわらず、今回、羽衣小学校は新公園への避難訓練でしたし、引き渡し訓練は羽衣小学校での実施だったようです。

東日本大震災、熊本地震、それぞれの被災者からの体験談を直接伺う機会がありました。いずれも「訓練以上の事は本番では絶対に出来ない」と仰っていました。高石市でも是非とも災害時マニュアルに定められている場所への避難と、避難先での引き渡し訓練を実施して頂くことを、改めて強く求めます。

今回、鴨公園で高石小学校の児童が防災ずきんを被って避難してくる様子を拝見しました。高学年の児童が低学年の児童の手を引いて、暑い中きっちりと避難してくる様子に感心しました。が、市長が講評(?)にハンドマイクを持って駆けつけ、最後に「ばんざーい」と言ったのは耳を疑いました。避難訓練で何故「万歳」なのか。聞くところによると、高石中学校の生徒の前でも「万歳」と言ったとか。何が嬉しいのか。何に対して万歳なのか。津波を想定した避難訓練で万歳を叫ぶことに強い強い違和感を感じました。

2018年度第1回いじめ対策検討委員会傍聴

文科省も資料を配れば良いってもんじゃないと思うけど

先週金曜日(26日)は、今年度第1回目となる「高石市いじめ防止対策検討委員会」を傍聴しました。前回はブログで傍聴を呼びかけたのですが、今回は視察が続きバタバタしている内に呼びかけるタイミングを失い、結局一人での傍聴となってしまいました。スミマセンm(_ _)m。教育委員会も市のトップページに掲載するなど、広く広報して欲しいです!

さて、午後6時から市役所本館2階で開催された委員会。今回はイジメと不登校について、多角的に議論されたのが印象的でした。また、イジメ防止について文科省の方針が「刑事罰の例なども出して指導」としていることについて現場ではどのように対応するのか、の議論の際、弁護士でもある委員のお一人が「罰っせられることを前面に出して指導するのでは無く、お互いを尊重し合う集団作りを行うことが大切。自分も大事・相手も大事という人権感覚を養うという観点をもって指導が行われるようにお願いしたい」と発言されたことが印象的でした。傍聴席から拍手喝采しそうになりました!

こういう議論を現場の先生方にナマで聞いて頂きたい、と毎度の事ながら切実に思ったことでした。

丁度、同日付の朝刊各紙でイジメの統計についてが発表されたこともあり、不登校との関連も各委員から指摘がありました。イジメの件数も自治体によって大きな開きがあり、これは「どのような状態を“イジメ”だと認識するのか」の違いだとも言われています。文科省からは今年9月に210ページからなる「いじめ対策に係る事例集」が出され、今回の検討委員会では資料として配付(!)されていました。各学校でプリントアウトして読むように、という指示があるそうですが、そのような余裕が現場にあるのか疑問を感じます。

何はともあれ、弁護士・小児精神科医・府のカウンセラースーパーバイザー・チーフSSW・大学教授の5名の委員の実体験に基づいた議論は傍聴していて大変勉強になりました。出先の岡山県から必死のパッチで帰って来た甲斐がありました!

大和市と座間市へ

座間市の条例啓発グッズのファイルです

23日(火)・24日(水)は神奈川県の大和市座間市に、総務文教委員会の視察に行きました。英語教育(大和市)と環境美化条例(座間市)の視察です。

まず大和市での小学校英語教育について。2020年度の外国語活動・外国語科全面実施に向けて、大和市では「子どもたちが英語でコミュニケーションできる」「担任がチームティーチングの主担となって指導できる」という目標を立てて2016年度よりmpi松香フォニックス業務委託し共同でカリキュラム開発を行った。委託料は3年間平均で1年間約4600万円。全額市費負担。今年度で委託は最終。目標ほぼ達成。来年度からは担任主体で英語教育に取り組める力がついた。児童は教材について「歌が楽しい」→「ストーリーが楽しい」に成長。内容の理解が進み英語への興味関心の広がりが見られる。またALT(Assistant Language Teacher・外国語活動指導助手)は2013年度より市が直接雇用(フィリピン人6名、ペルー人・マレーシア人・アメリカ人各1名を予算約3700万円で雇用)し、直接的な指示系統の中で全ての外国語活動に配置(←これは素晴らしい、と私は思います!)。お話しを伺って「すごいなぁ」と思う反面、小学校教員の負担増を心配しました。教育委員会も出来るだけ負担を増やさないよう、全校(小学校19校)での統一指導案作成&使用やスーパーバイザーによるフォローなどに力を入れたとのことでした。大和市の取組みは素晴らしいのですが、私はやっぱり小学校では英語教育より国語教育に時間も人手もお金も掛けて欲しいなあ、との思いが拭えません。読書活動とかね・・・。文科省、考え直さないかなぁ。。。

さて翌日は座間市で環境美化条例についてを視察。現在、高石市の総務文教委員会では路上喫煙やポイ捨てを防止するための条例を議員提案すべく準備中です。昨年も同じテーマで視察に行きました。今回の座間市ではタバコに限らず広く「空き缶や吸い殻のポイ捨て禁止」「落書き禁止」「飼い犬などのフンの放置の禁止」「喫煙マナーの徹底」を条例で謳っており、罰金(落書きは5万円、それ以外は2万円)も明文化された。罰金、ということは刑事罰を科す、ということにもなり、検察庁との協議も7回を数えた。条例施行は来年4月1日。今後は写真にあるようなファイルなどを配布しPR活動に力を入れる。というようなお話しを伺ってきました。

先週今週と視察が続きましたが、いずれも有意義な内容で勉強になりました。

戦没者追悼式

端っこに座りすぎで全景を写せませんでした(^^;)

今日はアプラ小ホールで戦没者追悼式が行われ、参列しました。思い起こせば2年前の戦没者追悼式の挙行中に鳥取地震が発生。式場にアラームが鳴り響き揺れも感じましたが、咄嗟の対応が出来ないままに式は継続されました。今日の式典中に「あの時は率先避難者として私一人でも避難行動をすべきだったよなぁ」と思い出しながら参列していました。

幸い今日は何事もなく、心静かに献花をして高石市の483名の戦没者の方々への追悼の時間を過ごしました。2年前のブログにも書いたとおり、私の祖父の弟も戦場で命を落としました。でも、祖父は多くを語らなかったので詳細は分りません。今日の式典の冒頭では26歳で戦死した青年の残した言葉が朗読されました。26歳と言えば私の長男と同じ年。死を覚悟した言葉の端々に無念さも感じられ、聞いていて辛い思いになりました。戦争は絶対に起こしてはなりません。そんなん当たり前やん!って言える時代が続いて欲しい、と願うと共に、そのために行動していかないとね、と改めて思った追悼式でした。