泉北水道企業団(議会&視察報告)

高松市御殿浄水場の濾過池。ポリ塩化アンモニウムを添加しています。

10月31日(火)は泉北水道企業団の決算議会でした。私にとっては初めての決算審議。監査委員の意見書を参考に決算を見ようと思っていたのに、当然添付されているはずの意見書がありません。企業団の事務局に尋ねると「今まで、決算に監査委員の意見書を添付したことがない。“公営企業法の実務講座”のQ&Aには決算議会に提出する書類は決算書類のみと書いている」とのお答え。しかし、地方自治法・地方公営企業法などを見ても、決算書には監査委員の意見書を添付すること、と書いています。

議会の席上で質疑し、監査委員の意見書が事務局の手元にはあることが分りました。それなら、この場でコピーしてでも議会に提出すべきでは、と言いましたが「その必要はない」とのことで提出はありませんでした。ですので、決算内容については異議はないものの、決算審議としては法律に定められた手続きがなされていないと判断するしかないので、私は決算認定には反対しましたが賛成多数で認定されました。

さて、その翌日11月1日から1泊で水道企業団の視察でした。1日目は岡山市水道局の三野浄水場へ。緩速濾過と急速濾過の両方の設備がありました。1905(明治38)年に通水を開始した日本で8番目の水道とのことで、レンガ造りの建物にも歴史を感じました。

2日目は高松市の御殿浄水場へ。こちらは1921(大正10)年から給水を開始。やはり歴史を感じる建物がありましたが、現在修復中とのことで、工事中の建物を見学しました。緩速濾過池が6池。急速濾過池が2池。写真は急速濾過池にポリ塩化アンモニウムを添加しているところです。これで不純物などを沈殿させ、水を浄化します。

泉北水道企業団は緩速濾過池のみで水を供給しています。以前にも書きましたが施設の老朽化が進んでおり、存続させるにはかなりの費用が必要になると思われます。しかし廃止してしまうと高石市の水は全て淀川からの水になってしまいます。国も水源の複数化を推奨しており、私は泉北水道企業団は何とか存続させる方法を模索するべきだと思っています。自然に優しい=人に優しい濾過方法も残したいところです。

 

視察報告(総務文教委員会)

英語・中国語・ハングルでの表記があります

19日(木)から一泊二日で東京都千代田区と埼玉県富士見市に、路上禁煙条例についての視察に行きました。

千代田区には皇居もあり、霞ヶ関・秋葉原など多様な街もあります。住民は約59,000人と高石市と変わらないのですが、昼間人口はなんと約100万人とか。タバコのポイ捨ての量も大変なものだったそうです。なので1999(平成11)年にいわゆる「ポイ捨て禁止条例」をスタートしたものの罰則規定も無かったため目立った効果は無かったそうです。

そこで、2002(平成14)年に全国で初めて罰則規定を設けた「安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例」を制定。皇居を除く千代田区全域を路上禁煙区域として違反者には2,000円の過料を科しました。非常勤職員として区長から現金収納員の委嘱を受けた警視庁OB職員などが休日を含む毎日パトロールを行い、違反者からはその場で過料を徴収。徴収率は81%だそうです。定点観測をしている秋葉原中央通りではポイ捨てされている本数が条例施行前の1日995本から昨年は6.4本と激減しています。

外国人からも過料を徴収するそうで、そのために看板も多国籍言語での表示となっています(写真参照)。

一方で喫煙者にも配慮しており、公共施設に8件、公園19件、民間で10件の喫煙所も設置。民間の設置には手厚い助成制度を設けています。

区を挙げての啓発活動にも力を入れており、年に3回は管理職総出で駅頭キャンペーンを行い、年に2回は「千代田区一斉清掃の日」を設けて区民と区、事業者等が一体となった美化活動を行っています。現在は「ルールからマナーへ」を目標に取り組んでおられるとのことでした。

九段下駅から区役所まで歩いたのですが、植え込みなどに吸い殻やゴミが殆ど落ちていないのは流石!でした。

翌日は富士見市へ。人口約11万人で、昼夜間人口比率は72.4%という住宅都市です。こちらは議員提案で条例が制定されています。2007(平成19)年10月1日に「富士見市をきれいにする条例」施行。名前を見たら中身が分るネーミングにしたそうです。罰則規定はありません。定点観測などの数値での把握もされていないそうですが、安心安全道路クリーン事業などでは路上喫煙やポイ捨てが減少していることが体感できる、とのことでした。今後、罰則(過料)についてを条例に盛り込むことは考えていないのか、と質問すると「モラルの問題として捉えているので、規定する予定はない」とのお答えがありました。

現在は市内の3駅周辺に美化推進重点区域と路上喫煙禁止区域が2010(平成22)年に指定されています。指定後2年半にわたり緊急雇用創出基金を利用しパトロールも行ったそうですが、現在は定期的な街頭キャンペーンのみとなっているそうです。

今年6月に市と商工会とで美化に関する協定を結び、腕章をつけて美化活動を行うことや協力店にはステッカーを貼ることなど、活動の「見える化」と進めておられます。美化活動は市民協働の原点、との言葉が印象に残りました。

高石市の総務文教委員会では現在、路上禁煙に関する条例の研究をしています。今回の2箇所での視察結果を活かして、高石市に合う方法での条例制定を目指したいと思います。

 

たった11人!

14日(土)は北幼稚園の運動会でした。ここも再来年には廃園です

公立幼稚園の保育料が来年度の入園児から大幅にアップする件は以前にブログに書きました。それはイカン!ということで、議員提案で条例を提出したこともブログに書きました。

で。

公立幼稚園の入園児募集は10月3日に締め切られたので、加茂幼稚園の3歳児保育への申し込み人数を確認すると

「11人」

とのこと。定員は50人です。遊具も約2900万円掛けてボーネルンドの関連会社のものなどに新調しました。しかし11人。

もしかして、ホームページで追加募集などについて書いているかと思い、トップページから「入園・入学」をクリックし「幼稚園」をクリックしてビックリ!平成29年度の募集しか出ていません。

直ぐに子育て支援課保育幼稚園係に問い合わせると・・・。「確認して折り返します」。

違う担当者から折り返された電話で「入園・入学」「幼稚園」とクリックしたら出てきます、と。

確認すると、さっきまで無かった平成30年度の募集がアップされているではありませんか!!

「どういうこと?」と言うと「つい先ほど(つまり、私が問い合わせて直ぐ)、他のページには掲載していたものをこちらにも掲載しました」だって。

ってことは、園児募集期間には間に合ってないということ。担当者が言うには「トップページ」→「各課のご案内」→「教育委員会」→「子育て支援課」という場所には掲載してました、と。でもね、保護者は「入園・入学」をクリックすると思いますよ。まずは。

それより何より、このような子育て支援課の対応にちょっとビックリしました。そして、11人しか応募がなかったことは市として危機感を持って対応してほしい。保育料が急に高くなったことも絶対に影響しています。ここは見直すべきです。そして預かり保育も4時半までではなく、保護者のニーズに合わせて延長も必要でしょう。幼稚園バスも必須です。教育委員会と市で、早急に対応して頂きたいです。

視察報告(議会運営委員会)

町田市議会だより7月号に9月議会の日程掲載

12日(木)から一泊二日で東京都多摩市と町田市に、議会運営委員会のメンバーで議会改革の視察に行ってきました。

一日目は多摩市へ。2007(H19)年から基本条例の制定をめざして特別委員会を設置。無作為抽出の市民1,500人に意識調査を配布し513人の回答を得る。また制定前年にはパブリックコメントも実施。2010(H22)年に全会一致で可決成立。市民との情報共有と、市民の意見の把握に力を入れておられます。現在は常任委員会ごとに市民との意見交換会を実施。また常任委員会での議員間自由討議も条例で定めていて、活発に行われているそうです。岩永ひさか議長自らが説明役を務めて下さり、同席下さった小林憲一議員と共に議会改革を進めてこられた経緯を詳しくレクチャーしていただきました。お若い(私よりは、という意味です・・・(^^))女性の議長だったのですが現在5期目とのことで、24名の議員の中でもキャリアは長い方になると仰ってました。また、議場へのタブレットの導入は試験的に9月議会で開始し、12月議会から本格実施されるとのことでした。

二日目の町田市は、議会基本条例はありませんが議会改革度は7年連続都内ナンバーワン!です。今年の全国順位も1,347議会の中で16位。(ちなみに多摩市は39位。高石市は300位圏外ですので順位不明(T_T)。近隣市では堺市が7位、泉大津市議会が276位です。早稲田大学のマニフェスト研究所のデータです)。何を評価されているかというと、本会議・委員会ともネットで生中継していること、その際、議案などもネット上で同時に見られるような仕様にしたことなどが挙げられています。さらに委員会は暫時休憩中でも配信は止めないそうです(個人情報などを扱う場合は除く)。今回の視察でも、町田市の議会改革は「町田市議会に関心がある」市民を増やすことが唯一の目標、と議会事務局長が熱く語っておられたことが印象的でした。市民の方への傍聴を呼びかけるためにも3ヶ月前には次の議会の日程を公表しているとのこと。頂いた7月発行の議会だよりに9月議会の本会議、議会運営委員会、常任委員会の日程が全て掲載されていました(写真参照)。これは高石市でも実現させたいです。9月は決算議会ですが、審議の為の資料請求は6月に行い、9月には2,000枚ほどの資料が議員に提供されるそうです。しかしタブレットが導入されているため、データでの提供になるとのこと。やはりタブレットの導入は必要かも、と思いました。

高石市議会でも議会改革を進めています。今回の視察を改革に活かすことが出来るよう、これからも前向きに取り組んでいきます(^_^)/。若干、周回遅れ感が否めないのですが、なおのこと頑張る余地が大きいということで!

 

第10回 憲法カフェ

2015年6月に第1回憲法カフェを開催してから2年と4ヶ月。このたび第10回目を迎えます。

来る10月21日(土)午後2時から4時、伽羅橋駅前のフリースペースプラネット(山敷事務所)にて。参加費500円です。今回も高石市在住の下迫田浩司弁護士にお越し頂きます。この日程は前回(6月)に決めていたのですが、思いがけず衆議院選挙前日になってしまい、争点のひとつである「憲法改正」について再び話をしましょう、という打合せをしています。

遠からず憲法を改正するための国民投票が実施されることになるだろう、と私は推測しています。その際に憲法のことを少しでも周りの人(家族を含む)に分りやすく伝えることが出来るようにまずは勉強しなくては、と思っています。

「知らんうちに憲法が改正されてエライことになってたわ!」・・・ってなことにならないよう、宜しければご一緒に参加されませんか?資料準備の都合上、事前にお申し込みをお願いしています。山敷あてにメール(megumi28@gmail.com)か電話(072-262-3979)でお申し込み下さい。