616~641例目。昨年からの経過。

前のブログから10日も開いてしまいました^_^;。その間に高石市の感染者数は26名増加。療養中の皆様の一日も早い快復を祈ります。

【ジリジリと増加。まん延防止措置の効果は?】

振り返ると、1年前の7月22日にGo to トラベルが始まりました。なんで~?って思ったことを覚えています。

その時の高石市の感染者は7月一か月で12名でした。8月は15名、9月は9名。10月は4名。高石市の一か月の感染者数です。その後は増え続け、1月は一か月で161名もの感染者が報告されるに至りました。2月3月は減少。しかし4月は123名。5月は108名。6月は21名。7月は今日までで32名(いずれも山敷が集計しました。正確なデータは府のサイトをご覧ください)。大阪府全体でも日本全体でも増減が繰り返されています。今は全体的に増加傾向です。報道などでは第5波の入り口、とも言われています。

密を避ける、マスクを付ける、消毒をきちんとする、など、基本的な予防対策を続けたいものです。ワクチン接種=感染しない、ということではないようです(厚労省の解説はこちら)。ワクチンを接種した皆様も、まだまだ気を付けてお過ごしください。

北部水道事業所へ

【水道勉強会のメンバーと】

昨日は吹田市にある大阪広域水道企業団北部事業所に、お話を伺いに行きました。3年前の6月18日に起こった大阪北部地震の経験を伺い、管路更新の重要性について、今後の広域水道のあり方について、PFI 【(Private Finance Initiative )=公共施設の設計・工事・管理(DBM)などを民間の資金とノウハウを活用して行うこと】の導入について、などを伺いました。

【北部地震での水道管、水管橋の被害写真】
【破断個所の管の老朽化度合】

このように老朽化している管は府内のあちらこちらに存在します。管の老朽更新や人口減少に合わせた施設のダウンサイジングが喫緊の課題とされる中、府内各自治体の水道事業が広域水道企業団へ統合される方向となっています。効率的に整備事業や給水業務行うためには必要なことだと私も考えています(返す返すも信太山浄水場(こちら)は自己水源として残しておくべきだったとは思いますが)。 高石市は2024年度からの広域水道への統合を目指して水道企業団と共に「最適配置案」を策定しています(こちら)。それによると、高石市は40年後には人口は45%減、給水量は49%減、という試算になっています(゚д゚)!。ちなみに和泉市(こちら)は人口は15%減、給水量は13%減にとどまっています。この差は一体??…今後も勉強を続けながら確認を進めていきます。

会派ビラと臨時議会と614・615例目

【6月定例会の報告ビラ。会派で出しました】

7月臨時議会が8日(木)に1日間の会期で開催されました。3号議案質疑の最後に市長から「あなた、反対なら反対と言ったら良いんです。ビラも出しなさい!」と言われました…。 (こちらの録画2:09:20をご覧ください)。 出しなさいって…。命令されなくても出しますけど。

3号議案の瑞松苑には2015年3月に 2,559万8,916円の工事 が行われています。ボイラーも新品に交換されたのです。ボイラーの耐用年数は15年。まだまだ使えます。なのに、今回のデージードームへの移転( 2憶2,599万円2,800円 )で6年前の工事が全て無駄になります。あまりにも無計画ではないでしょうか。

阪口市長は今までにも、高陽幼稚園(改修費4,307万9,400円)・北幼稚園(改修費3,741万4,650円)を改修後3年で廃園決定(その時のブログはこちら)。

自分の家なら、今後5年、10年の事を考えて改修しますよね。3年後や6年後に引っ越し予定の家に何千万円も絶対に使いません。高石市のやり方は本当に「もったいない!」です。

さて今回のブログに貼っているビラは、6月議会の終了後に会派で出したものです。昨日(7月12日)のニュースでは泉佐野市が市民への公費負担PCR検査を始めたとのこと。他市で出来ることは高石市でも出来る筈。阪口市長には、必要なことに必要なタイミングで補助金を使って頂きたいです。

【↑ビラの裏面です】
【今日から措置の延長なので色を変えてます】

じわりと府内の感染者数が増えてきました。高石市では先週金曜日と土曜日にお一人ずつの感染が公表されています。療養中の皆様の一日も早い快復を祈ります。

広報訂正。臨時議会。612・613例目

こまめに高石市のサイトをチェックしてみて下さい】

広報たかいし7月号の記事に訂正があります。市のサイトでは既に訂正された広報がアップされています。報道されているように、ワクチンの供給量に急ブレーキがかかり、高石市も予定していた接種量が確保できなくなったようです。私は、国のワクチン配布方法に問題があると思います。今後、どうなっていくのでしょうか…。

そして前回のブログに書いた通り明日は臨時議会です。瑞松苑(入浴施設のある老人福祉センター)移転工事の契約金額は2億2599万2800円。コロナ禍の今、税金の使い道としては如何かとの思いが拭えません。これが議案3号。もうひとつ議案1号(マイナンバー関連の条例改正)にも質問通告しています。

10時スタートでネット中継もありますので、お時間の合う方は傍聴をお願い致します<m(__)m>。

コロナ感染は、収まってほしいとの願いも空しくまた増加傾向です。高石市は金曜日・土曜日とお一人ずつの感染が報告されましたが、今週はゼロが続いています。療養中の皆様の一日も早い快復を祈ります。

【昨日・今日と先週からの増え方が大きくなっています】

臨時議会。608~611例目

8日(木)に臨時議会が入りました。議案は3つ。議案1:法律改正による手数料条例等改正。議案2:コロナ禍による生活困窮者(詳細はこちら)への国からの支援金支給のための補正予算。議案3:瑞松苑(老人センター・入浴施設)移転のための2億2599万2800円の工事請負契約(この件に関する3月の当初予算審議の際のブログはこちら)。

【指名競争入札。最低制限価格での落札】

今日の午後に議案が手元に届くと共に、職員さんからの説明も一通りは伺いました。明日からそれぞれの議案について詳細の調査に入ろうと思います。

さて、今年も折り返し地点を過ぎました。早いですね~!6月1か月間の高石市民の感染者は21人。5月の106人、4月の123人から比べると随分減りました。今週火曜日から今日までで高石市民4名の感染が報告されました。療養中の皆様の1日も早い快復を祈ります。

【府全体の数は前週比で減ってきています】