悔しい否決

16時35分に始まった、市長の再議を受けての本会議。質問通告が7人から出ていたため、冒頭で4時間延長が決定。その後、7人が次々と質疑応答。1人30分と決まっています。私も自分の時間をめいっぱい使って質問。冒頭に「今回の再議は全く理解できない」と申し上げ「来年度の入園予定3歳児が12人しか居ない。議会では保育料値下げが可決。どう考えても値下げしかない。なのになぜ再議か?」と質問。例によって訳の分らない答弁が5分ほど続きました。たまりかねて議長に「30分しか時間がない中で、聞いてないことに長々と答えることをやめさせてほしい」と抗議。議長も市長に「適切な答弁を」と求めて下さいましたが、市長の態度は変わりません。人が質問しているのに挙手する態度も酷いものでした。

他の議員ともあれこれあったものの19時35分頃からの採決。

保育料据置きに賛成が9名。反対が7名。しかし再議なので3分の2の賛成がなければ可決できません。なので、全く残念で悔しいことながら賛成多数なのに否決。理不尽な結果となりました。

保護者にとったら保育料は安い方が良いに決まっています。特に来年度は公立幼稚園には通園バスもなく保育時間も民間より短い中で、保育料だけが民間と同じ、というのは納得できないことでしょう。子育てナンバーワンが聞いて呆れます。

「たかい たかい たかーい市」というのは「保育料のこと?」って感じです。

国は消費税増税分で3歳~5歳児の保育料を無償化すると言っています。実現すると、導入までの間のたった1~2年間に3歳児・4歳児のご家庭のみ、最高額の徴収となります。不公平です。そのことも私を含め何人もの議員が指摘していました。

どの方面から見ても今回の阪口市長の再議には妥当性はありません。議会の議決をも覆す独裁的な政治だと感じ、本当に情けないです。

 

 

保育料引き下げ条例可決!しかし!!!

間髪を入れず市長から再議書が!

たった今、本会議で幼稚園の保育料を値下げする議員提案条例が可決されました。賛成討論は提出者3名と高志会の松本議員。反対討論は清水議員と宮口議員でした。

賛成多数となり「やったー!」と思ったのも一瞬。直ぐに市長から「再議書」というものが提出されました。

酷すぎます。

再議というのは「拒否権」とも言われる市長の権限です。

【参考】

第一七六条 普通地方公共団体の議会の議決について異議があるときは、当該普通地方公共団体の長は、この法律に特別の定めがあるものを除くほか、その議決の日(条例の制定若しくは改廃又は予算に関する議決については、その送付を受けた日)から十日以内に理由を示してこれを再議に付することができる。
 前項の規定による議会の議決が再議に付された議決と同じ議決であるときは、その議決は、確定する。 
 前項の規定による議決のうち条例の制定若しくは改廃又は予算に関するものについては、出席議員の三分の二以上の者の同意がなければならない。(引用終わり)
 
名古屋市のように議員が自分たちの報酬を上げる条例を可決して、市長が再議するなら分ります。しかし、今回は幼稚園の保育料を値下げするという、市民生活には大きなプラスになる条例です。
 
それを何故、再議するのか。「子育てナンバーワン」と言ってることに全く逆行しています。
 
再議となると三分の二以上の賛成が必要です。現状では否決される可能性が大きいです。午後からの議論については改めて報告します。

嬉しい!議員提出の議案、委員会で可決!!

本日の総務文教委員会3つ目の議案は、9月議会からの継続審議となっていた「幼稚園の保育料を現行のまま据え置く」という議員提案条例でした。

来年度入園児の幼稚園保育料が現行の15,500円からいきなり25,700円へと値上がりすることが決まってしまったことから、議員提案で保育料を据え置き、さらに多子軽減の条件を緩和(上の子どもが小学校6年生まで適用)するという条例を提出していたのです。保護者の方々からも「こんなに高くなったら公立幼稚園を選べない」という悲痛な声が届いていました。今日の委員会では私から提案理由の説明をした後、質疑応答がありました。委員は7人です。そのうち、提案者である私と明石委員は勿論賛成し、高志会の二瓶委員と松本委員も賛成して下さり、賛成多数で可決されたのです!!本当に嬉しい事です(*^_^*)

今後は本会議で可決されたら正式に保育料の据置きが決まります。しかし、以前には委員会の採決結果(市長提出議案の否決)がその後の本会議で覆ったこともありました。今回はどのような運びになるのか、是非ご注目ください。本会議は4日(月)10時からの予定です。傍聴にお越し下されば色々な様子が分っていただけると思いますので、宜しくお願いいたします。

「子育てナンバーワン!」というなら幼稚園の保育料値上げは中止すべき、と強く思います。

 

幼稚園保育料の審議

今日の午前中には、幼稚園保育料の審議に入ると思います。29日(水)から始まった12月議会。初日は午前中が議案の説明、午後が総務文教委員会。委員会では議案1号で審議がストップしているので、30日10時開会の委員会では市長提出議案1号と2号を審議し、その後に議員提出議案である幼稚園保育料条例を審議。そして小学校中学校のクラス定員を見直す請願の審議、と続く予定です。

別室を用意しての音声傍聴が可能ですので、急なお知らせになりましたが、お時間の都合が付く方は是非傍聴にお越し下さい。その際は議会事務局横で議案の貸し出しを受けて頂くと審議の内容が分りやすいと思います。宜しくお願いしますm(_ _)m。別室についても3階議会事務局にてお尋ね下さい。

11月あれこれ

11月15日に消防ふれあいフェスタに参加しました

あれよあれよと言う間に11月もあと数日で終わろうとしています。高石市議会第4回定例会(12月議会)が29日(水)より開会となります。11月は殆どブログの更新が出来ず、大切なお知らせも出来ずじまいで申し訳ありませんでした。

この間の出来事をざっとご報告します(長くなります、スミマセン!)。

7日(火)に議会改革についての議会運営委員会、8日(水)に政策研究のための総務文教委員会に出席しました。そして11日(土)には議会報告会を開催。これについてもブログでの告知ができず、めぐみ通信第26号での告知のみでした。にも関わらず初参加の方にもお越し頂き、ありがたかったです。次回は忘れずブログにて告知します!

15日(水)は10時から写真の消防ふれあいフェスタに参加した後、13時からシティプラザ大阪で開催された大阪府広域水道企業団の議会を傍聴に行きました。18日(土)には羽衣小学校で開催された「防災サタデー」に参加。20日(月)には大阪府広域水道企業団の議員定数の件について、高石市議会全員協議会が開催され、派遣議員の出川議員より現状の説明と高石市議会としての意志の確認について話がありました。大阪府の水道事業については統合を前提に様々な話し合いがなされていますが、難しい面も多々あります。以前にも書いたとおり、高石市では府(淀川)から75%、泉北水道企業団(光明池)から25%の水を利用しています。今後の水道事業について、市民にも情報を充分に公開しながら進めて頂きたいと思っています。

同じく20日の午後からは大阪府市議会議員研修会に千里阪急ホテルまで。「日本経済の展望~地方活性への鍵~」と題した慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏の講演を聞きました。曰く「地方創生予算の獲得にのみ目が行って、そこに力を注ぎすぎると失敗する」そうです。高石市のことを仰ってるのか、と思いました。ホントに・・・。

22日(木)は議会1週間前ということで議案発送。今回は市長提出議案は4議案のみ。ここに継続審議の幼稚園の保育料の議員提出議案と、小中学校の少人数学級を求める請願署名の提出があったので、その議案が加わり、6議案となっています。23日(木・祝)には京都市のキャンパスプラザで開催された「憲法授業祭り」に。学校現場で憲法がどのように伝えられているかについて現役の先生方のお話を伺いグループトークに参加してきました。24日(金)は議案説明と議会運営委員会および代表者会議。会期は12月5日(火)までと決まりました。25日(土)は事務所でのフリートークを行いました。こちらにも初めて来られた方が。めぐみ通信をファイルして下さっていて、色々なご質問をして下さいました。26日(日)には、たかつガーデンで開催された木村草太氏、猿田佐世弁護士、太田啓子弁護士、金平茂紀キャスターなどが「憲法の可能性と実現力」を語る講演会へ。23日に続き有意義なお話しを聞くことが出来ました。

忘れないうちに告知をひとつ。2015年から数ヶ月に1度私の事務所で開催している「憲法カフェ」も10月21日で10回を数えました。次回11回目は2018年3月17日(土)午後2時~開催予定です。下迫田弁護士にお越し頂きます。内容についてはいつも直前に決まるのですが、決まりましたらブログでお知らせします。

ということで、間もなく11月も終わりです。議会の準備も忙しくなってきました。でも、今後はもう少しマメにブログ更新できるよう頑張ります!!