羽衣小学校のプール、今後は使用せず

3月議会の予算委員会の中で、ご報告し忘れていたトピックスがあります。それは、羽衣小学校のプールについてです。

プールの管理予算が減額されていたので理由を尋ねると、羽衣小学校のプールは老朽化が激しく今後の利用は行わないので、ということでした。つまり、今年の夏以降は羽衣小学校の児童は東羽衣小学校でのプール授業になるということです。

何という教育環境の低下でしょうか。

泉佐野市はふるさと納税で小学校のプールを作った、と大々的に報道されていました。この違いは何なんでしょう。

今あるプールを改修するための税金を惜しんでいる高石市。これが子育てナンバーワン!と言っている市長のなさることなのか、と腹立たしい思いで質問をしました。この動画の4:55:00くらいからをご覧下さい。

炎天下、子どもたちが踏切を越えプール授業のために学校間を往復することを「良し」として、税金を使って改修することを「無駄」と判断するのは間違っていると声を大にして言いたいです。

誰が主役?

最後の卒園式でした。残念です。

昨日は高石中学校の卒業式、今日は北幼稚園の最後の卒園式に出席させて頂きました。

両日とも阪口市長も来られました。

中学校では、生徒達が何度も練習したであろう、良く揃った起立・礼・着席など厳粛な雰囲気が続く中、市長は祝辞で自ら手拍子を促しながら「どんなときも」を歌い出し上機嫌。最後にはおきまりの万歳。自分が主役だとでも思っているのか、と辟易しました。

北幼稚園は5年前に3741万4650円も掛けて大規模改修をしておきながら、この3月で廃園です。驚くべき計画性のなさ。教育を軽んじ過ぎです。そして子どもや保護者は完全に置き去りでした。その最後の卒園式で、市長はまさかの「万歳」をしました。その前には「アンパンマン」も歌いました。信じられませんでした。ご迷惑、ご心配をお掛けして申し訳なかったと謝罪の一言でもあるのか、と思っていたのに。

市長のことはさておき、今日は卒園児が一人ずつ将来の夢を語ったのは素晴らしかったです。特に「〇〇になって、こんなことをしたい」と具体的に「したいこと」を全員がきちんと発表できていたのが良かったです。先生方のご指導もあってのことと思いますが、子どもたちの考える力が育っていることが分りました。北幼稚園の最後の卒園児は11名でした。小学生になっても今の力をすくすく伸ばして欲しいです!

第8回チャリティコンサート

祈りの歌を歌いました

昨日は第8回のチャリティコンサートに出演しました。今回はヴィヴァルディ作曲グロリアより「ドミネ デウス」をトリオ(ソプラノソロ&フルート&ピアノ)で演奏しました。堀口莉絵さんとのアンサンブルもありました。昨年に引き続き8回目の出演です。収益は全て津波遺児のための「あしなが育英会」に寄附されます。昨年は26万円余りを寄附させて頂きました。

8年前の今日、未曾有の災害が東日本を襲いました。未だに行方不明の方々が2533人もいらっしゃるそうです。避難者は約41,000人。原発事故の収束についても先が見えません

被災地に心を寄せる時間を少しでも皆様と共有できたら、との思いで出演を続けています。

しかし!議会が8日までということで、毎年のことながら準備不足も甚だしく、今年は暗譜もできず、あろうことか本番で見る筈の楽譜も自宅に置き忘れ、てんやわんやでした(^^;)。

聴きに来て下さった皆さま、そして色々な準備に奔走して下さり、当日も受付などで支えて下さった高石音楽家クラブの皆さまに心から感謝いたします。ありがとうございました。

 

市長の発言の根拠

昨日の「在宅の未就園児に虐待事例が多い」という市長の発言には根拠がある、と教育部長・次長、担当課長が説明に来られました。昨年8月に出された「社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」の「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について第14次報告」には養育機関・教育機関の所属別の虐待死のデータが示されていて、確かに「死亡事例」には差がありました。このデータを基に発言されたのなら、その時に示して頂きたかった。あの発言内容だと「在宅で未就園児を育てている保護者は、そうではない保護者より虐待するリスクが高い」とも受け取れます。人を傷つける可能性のある発言をするときは、その時に客観的な資料を示すことが必要ではないかと思います。

 

虐待は在宅の未就園児に多い?

私の一般質問の中で、市長は「虐待が起るのは在宅でおられる子どもたちなんです、比較的」「幼稚園・保育所・小学校は法的な関与が出来る」「だから私は在宅の子どもを減らすことに注力した」との主旨の発言をしました。(7:27:20からご覧下さい)これは、小さな子どもたちを家で一生懸命養育している保護者に対する偏見です。このような発言には愕然としました。詳細は改めますが、とりあえずのご報告をします。