ピアノ協奏曲

去る9月18日(日)にアプラホールでグリーグのピアノ協奏曲の演奏会がありました。そのピアノを弾いたのは、なんと!!高石市在住の小学校6年生の女の子でした。このピアノ協奏曲は、たぶん、ほとんどの方がご存知の曲だと思います。(グリーグはピアノ協奏曲を1曲しか作曲していないので、ネットで検索したら、すぐに分かると思います♪)

糸音ちゃん

高石市在住の太田糸音ちゃんです♪

演奏するのはとても大変な曲です。アプラホールのピアノはスタインウエイというメーカーのもので、きちんと鳴らすのは本当に技術が必要なんですが、糸音(しおん)ちゃんは華奢な体で、オーケストラをバックにしっかりと音を出していて、聴いていて感動で涙が出ました。(本番は聴けなかったので、ゲネプロを聴かせて頂きました。)

私は同じ演奏会の第二部に合唱団の一員として出演しました。その打ち上げで、一緒に写真を撮ってもらいました。「ブログに載せても良いですか?」と尋ねると「良いです!私もブログを見ます!」と言ってくれました。掲載がこんなに遅くなって申し訳ないです(>_<)

一日に何時間くらい練習するのですか、と尋ねると「学校に行く日は4~5時間、休みの日は6~7時間」ということでした。素晴らしい音楽的な才能に加え、この努力があれば、世界に羽ばたく日も近いのではないか、と期待してしまいます。

インタビューの受け答えも本当にしっかりしていて、でも可愛らしくて、すっかりファンになってしまいました。

Leave a Reply