泉大津市へ

今日は、泉大津市総務都市委員会で泉北水道企業団の廃止についての閉会中継続審査が行われると聞いて、傍聴に行って来ました。泉大津市では同室で傍聴が出来ました。審議内容は非常に興味深く、私にとって新しい情報もいくつかありました。

午前10時に始まり、何度かの暫時休憩を挟んで(暫時休憩になると傍聴者は退室となりますので、その間に何があったのかの詳細は分かりません)、午後1時42分頃に採決。7人の委員のうち、賛成の起立は3人。賛成少数で否決されました。

これは委員会での採決です。この後に行われる全議員による本会議での採決で最終的に決定されます。

どのような決定になるのか、注目しています。

明日、情報伝達訓練!

明日の11時から、市内の防災行政無線を使って「情報伝達訓練」が行われる、ということです。8月にも行われ、聞こえ具合を皆様からお伝えいただき、市の担当者に伝えました。今回は改善されていると良いのですが。

【高石市のウェブサイトに赤枠追加しました】

43例目

今日の17時半の大阪府の発表によると昨日から今日の検査数は1430件で陽性者数は51人(再陽性2人を含めると53人)。陽性率は3.6%。その中に高石市民がお一人含まれました。感染された方の一日も早い快復を祈ります。

【41例目の方は退院・解除が報告されていました】

すくすくテスト??

一昨日、9月30日17時30分~教育委員会定例会を傍聴しました。驚いたのは「小学生すくすくテスト」という名の大阪府独自のテストが来年度の全国学力学習状況調査と同日(!)に行われる、という議案です。

3億2,577万2千円を上限価格としてプロポーザルが行われ、内田洋行が委託先に決定したとのことです(詳細はこちら)。大阪府内の小学校・支援学校など約1100校の小学5年生・6年生約14万人を対象に行われるそうです。

それだけの税金があるなら、以前から提案しているコミュニティスクールとかイエナプランとか、「みんなの学校」みたいな教育とか、もっと子ども達の非認知能力を育てる方向に使ってほしい、と切実に思います。テストをして点数を見てPDCAサイクル、とかでは子どもは幸せになれないと思う。点数化できない、測れない力こそが大切なのに。

さて、その教育委員会定例会で本日10月2日に「いじめ防止対策推進委員会」が開催されることが報告されていました。18時からです。こちらも傍聴に行って来ます!市のサイトにも掲載されていますが、毎度の事ながら「各課のご案内」→「教育委員会」→「学校教育課」→「取組」「市教委」→「第1回いじめ防止対策推進委員会の開催について」という手順を踏まないと発見できません。

こんなん、だーれも発見できません!

こんな大切な委員会の開催は、是非ともトップページで知らせて下さい!