遊具のことなど

110万円のボーネルンドの遊具、設置半年で壊れて撤去。

今、なぜか高石市がお気に入りの(株)ボーネルンド。実はこの会社が今年6月に消費者庁から景品表示法に基づく措置命令を受けたということが出川議員の質問で明らかに。昨年のクリスマス商戦で、中国製のおもちゃの広告ににドイツ国旗やデンマーク国旗を付けて表示し、消費者に誤解を与えた、というのが理由です。最初から中国製と表示していたら何も問題はないのに、なぜそのような姑息なことをするのか、と思います。

しかし高石市はその会社に予算ベース5,886万円で、アプラに設置した未就学児対象の有料遊び場の運営委託をしています。その遊び場の遊具などは1,260万円で昨年度に同社から購入しました。さらに、加茂幼稚園の遊具も、まだ使える物を撤去し予算ベースで3,700万円を計上し関連会社のものを設置。さらに鴨公園にもボーネルンドのブランコを今年4月に約110万円で設置。しかし写真の通り、現在は撤去されています。この遊具の他にも関連会社の遊具1基(写真奥に見えているブロック状のもの)が設置されています。

たしかにボーネルンドの知育玩具や遊具は魅力的なものが多く、子どもの心を惹き付けるのも分かります。でも、アプラにも加茂幼稚園にも鴨公園にも、となるとどうでしょう。見た目に華やかな遊具をあちこちに置くことが「子育てナンバーワン」ではありません。もっと子育て世代のニーズに沿った中身の充実を求めます。子ども医療費も小学校6年生までの高石市は府内で最下位になってしまいました。議員全員で拡充を求めて決議したことも無視されたままです。

もう少し広い範囲の子育て世代のニーズに沿った施策が必要だと考えます。

 

 

 

 

 

 

幼稚園の保育料、据置きの条例を議員提案

最高額を25,700円→15,500円へ。

公立の幼稚園での3歳児保育の早期実施を議員全員で決議して行政に働きかけたのに「全く無視!」だったのですが、保護者の声も多く寄せられたこともあり、来年度からの実施が決まりました。しかし、保育料の大幅値上げを伴っていました。これに対し、多くの幼稚園の保護者が議会開会前に抗議の声を届けに来られました。

私も、これだけの値上げをするなら通園バスも回し、保育時間も延長保育も含めて民間並みに拡充し、給食も自園調理もしくは隣の加茂小学校で調理して(今年の予算委員会で山敷より提案)、温かい物を出す、などの保育内容の充実が必須だと考えます。そこで、9月議会に一部の議員による議員提案で保育料を据え置く条例を提出。閉会中の継続審査、という形で結論が持ち越されています。

9月議会は22日(土)で閉会しました。今後は、総務文教委員会を閉会中に開催して審議を進めることになりそうです。開催が決まりましたらブログにアップします。

その他、一般質問や他の議員の質問で明らかになったことなどは項を改めます。

 

我が事・丸ごと?

国の資料(左)のコピペのような市の資料。ぺらっと一枚が当初の説明資料でした。

昨日から今日の午前中に掛けては補正予算の審議でした。6月議会で撤回された議案「我が事・丸ごと」の予算が計上されていたので、内容について質問しました。

まず、資料が写真のような、ほとんど国の資料をコピペして高石市の施設名だけを入れたようなもの一枚だったので、せめて大阪府に提出した事業協議書を出すように要望しました。

2時間ほど待ってようやく審議再開。資料は出てきましたが、説明は曖昧。前回は関西スーパーでの実施という計画だったのにアプラに変更になっている理由を訊いてても「アプラが最善と判断した」と言うのみ。

しかもアプラを「高石小学校区」として扱っています。言うまでもなくアプラは清高小学校区です。それを指摘すると「小学校区にこだわらず広く市内一円を対象としています」と答弁。「?」です。

委託料について出川議員が尋ねると説明は二転三転の挙げ句「資料が間違っていました。府を通じて国にも訂正を申し入れます」とのこと。そんな状態でスタートしても市民にとってプラスになるとは到底思えません。民生委員・校区福祉委員・ボランティアグループなどによる自主運営体制を構築、とありますが、議案にする前にきちんと説明&お願いをしているのでしょうか。

目新しいことに飛びつくのではなく、まずは今ある相談業務を充実させ、コミュニティカフェ・創業型コミュニティカフェを軌道に乗せる、という地道な努力をして地域の人々の理解を得てからスタートすべき、と主張し、予算を削除する修正案を提出しましたが、提出者4名(出川・明石・寺島各議員と山敷)の賛成のみだったので否決。原案が可決されてしまいました。

また新しい業務に追われる職員も気の毒ですし、何よりボランティアに携わる善意の市民が振り回され、本当に困っている市民に支援が届かなくなることを危惧します。

今日の午後からは決算委員会が始まっています。明日は総務費の続きから。毎晩、次の日の準備に追われています(^_^;)。

 

 

 

教育に関する事務の・・・報告書について

金曜日から9月議会が始まっています。初日は市長からの議案提案理由の説明と、いくつかの案件の審議・議決・報告がありました。

私は「平成29年度教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検並びに評価結果報告書」について本会議の席上と、それに先立つ全員協議会で発言しました。

まず全員協議会では、ここ数年ずっと色々な場面で言い続けている「教育委員会定例会傍聴者への資料の配付」について質疑と要望をしました。高石市では例えば都市計画審議会や行政計画審議会、いじめ防止対策推進委員会などについては傍聴者に資料が配付されます。もちろん持ち帰れます。しかし、教育委員会定例会は資料の閲覧は出来ますが持ち帰れません。理由を尋ねても「会議終了後ただちに行政資料コーナーに置いてるので、必要ならコピーして下さい」との返答があるのみ。理由になっていません。例えば昨年の幼稚園廃止の教育委員会には33名の傍聴者がおり、76ページの資料が閲覧に供されましたが回収されました。「回収してどうするの?」と聞くと「処分します」とのこと。2,508枚の資料が処分されました。そして私は76枚の資料を行政資料コーナーでコピーしました。

これっておかしくないですか?市民の税金で作った資料です。なぜ「処分する」のに持ち帰らせてくれないのか。理解に苦しみます。昨年の質疑では木嵜教育部長が「検討する」と言ったので「検討の結果は?」と聞くと「引き続き検討します」・・・そんなに何年も検討しなければ結論が出ないことですか?

先述の報告書の40ページには「市民に対して積極的な広報活動に務める」とありますが、資料を回収し処分してしまうなんて広報に関して超消極的です。早急に傍聴者に資料を配付するように改善を強く要望しました。

本会議では、報告書の「目標」に数値目標がなくAとかBとかの自己評価の妥当性が判断できないことについて、何年も指摘し続けているのに改善されないことを取り上げ、17項目のうち、可能なものから数値目標を導入することを要望しました。たとえば「読書活動の推進」の項目であれば「読書が好き」と答える小学生の割合を、高石市61.2%から全国平均74.6%に、中学生は53.1%を全国平均69.9%に近づける、という目標を挙げ、それに対して何パーセント向上したかで評価をするという方法もあるのではないか、と伝えました。

2年前の同じ質問では、周辺他市の状況を調べると殆どが数値目標を導入し、達成度について分りやすい評価をしていることを紹介し善処を求めました。昨年と今年は堺市の評価方法を紹介し、全てを同じにする必要はないが、子どもたちにとって有益な評価報告書になるように善処を求めました。

金曜日は総務文教委員会も行われ、高師浜野球場に設置される緊急用臨時ヘリポートの工事について、また、高石消防署に導入される高規格救急自動車の購入についての議案に対し、それぞれ質疑を行いました。

この土日は決算書を読み込みます。でも予算委員会(補正予算)もあるので、情報公開で入手した資料を基に質問を考えなければなりません。議会中の寝不足の日々は続きます(T_T)。

 

幼稚園ママ達からの申し入れ

20人以上のママや子どもたち。ご要望は尤もです

昨日の朝、エレベーターで3階に着いて扉が開いてビックリ!大勢の若いママ達と赤ちゃんや子どもたち。「これは何事!?」と思って見回すと何人かの見知った顔が・・・。「おはよう!どーしたん?」と聞くと「幼稚園の保育料の件で各会派に要望書を届けに・・・」とのこと。私が声を掛けたママは「こんなに沢山集まるとは予想外!みんな怒ってるんやと思う」と言ってました。

先日もブログに書きましたが、臨時の教育委員会を開催してまで慎重審議をしたのに、結局行政が提案したとおりの最高額を決定してしまった教育委員会。しかし周辺他市を見渡すと、少なくとも泉州地域では高石市の保育料が一番高い!

ママ達の声を聞くと「バスも回さないのに、なぜこんな金額になるのか。これでは公立幼稚園を選ぶ人は居なくなる。せめて数年間は様子を見て、バスも定着して延長保育も軌道に乗って、これなら保育料が上がっても公立幼稚園を選ぶ、という市民が居ることを見極めてから保育料を決定してほしい」と、至極当たり前なことを仰っておられました。同時に、複数の子どもが居る場合に第2子、第3子には保育料の軽減があるのですが、一番上の子どもが小学校3年生までなら下の子の保育料を軽減する、という条件があります。それを小学校6年生までに拡充してほしい、という要望も出されました。「子育てナンバーワン」というなら、他市に先駆けて実施すべきだと思います。