配食事業と臨時議会、そして279~281例目

自宅療養の感染者への配食事業について大阪府に確認すると、昨年11月より実施されていたことが分かりました。しかしこれは「感染者だけ」を対象にしています。ひとり親家庭で親が感染し子どもは感染していなければ、配食は親の分だけ。府の担当者に「善処が必要では」と言うと「私もそう思います。でも国の事業なので…」とのこと。ここを市が補うことが出来たら、と思うのですが、どうなんでしょうか。

明日は臨時議会。私は「ひとり親世帯臨時特別交付金」などの補正予算について質疑します。今日、大阪府内の全ての市(33市)が、国から届いたコロナ対策臨時交付金で何を実施するか、という事業一覧表を調べました。私が是非とも実施して欲しかった、4月28日以降に生まれた新生児、もしくはその時点での妊婦さんに支給される給付金を支給したのが21市(金額や内容は様々)。また小中学校の給食費の無償化が15市。高石市はどちらもありませんでした。

120ページもある資料の字が小さすぎて目がショボショボになりました。もしかしたら見落としてたり見間違ってたりするかも、です。原本に当たりたい方がいらしたらこちら(p.290~)をご覧ください。

さて、本日の高石市の感染者は3名。1日も早い快復を祈ります。

【減少しますように…】

Leave a Reply