素敵なピアノで癒やされて・・・

ご本人による曲のご紹介なども素敵でした

今日の午後2時よりアプラホールで、高石市が誇るピアニスト南依里さんのチャリティリサイタルを聴かせて頂きました。ほぼ満席の聴衆が、素敵なピアノ演奏に魅了されました。南さん、本当にありがとうございました♪

司会は声楽家の野中さん。凜とした素敵な、それでいて優しい声で音楽会の雰囲気を盛り上げて下さっていました。

お二人は高石音楽家クラブに所属しておられます(実は私も・・・♪)。

今日の南さんの演奏は、浜松から日本に数台しか無いというカワイのフルコンサートピアノを持ち込まれ、素晴らしい音色で奏でて下さいました。加茂小学校、取石中学校を卒業され、京都の堀川高校音楽科ご卒業の後ドイツに留学。ミュンヘン国立音楽大学卒業および同大学院を修了。ラフマニノフ国際ピアノコンクールでも入賞されました(他にも数々の入賞歴あり!)。

今日のプログラムにも羽生選手の音楽として有名なラフマニノフのピアノコンチェルト第2番1楽章があり、ヤマハステージア(エレクトーン)でオーケストレーションされた演奏と共に聴かせて頂きました。相愛大学在学中の才気溢れるアレンジャー兼演奏家の村上舞優さんとの共演で、素敵な広がりのある音楽でした。

展覧会の絵~キエフの大門のダイナミックさと、プログラム最後の愛の夢第3番の繊細さがお一人のピアノで紡ぎ出されるテクニックの凄さに圧倒された、そして演奏に酔いしれた、幸せな時間でした。企画して下さったル ソン ドゥ クール(心の響き、という意味だそうです)の方々に感謝します!

しっかり充電できたので、明日の災害対策の補正予算と一般質問の原稿作成に元気いっぱいで取り組めます(←急に超現実的(-_-;))。そしてアプラホールの指定管理の色々には問題あり、と思っていますが、ホール自体は良い所です、と言い添えておきます(*^_^*)。

Leave a Reply