月曜日は予算委員会からスタート

昨日、ブログが閲覧も更新も出来ない時間帯がありました。せっかく見に来てくださった方には申し訳ありませんでした。

さて、木・金とそれぞれの委員会に付託された議案審議が順調に(?)進み、月曜日は2017年度の補正予算(専決)議案と、2018年度の補正予算の審議をする予算委員会が開催される予定です。昨年度の補正予算には、めぐみ通信28号にも書いたとおり、市が売却した公共施設が想定よりも高く買って頂けたので、不動産売却収入として3億9,977万4,000円が計上されています。旧体育館・旧高石幼稚園・旧加茂保育所については既に撤去工事が始まっています。周辺にお住まいの方々からは工事に関する不安のお声も届いています。騒音・振動、そしてアスベストについて。

現在、市内では公共施設だけではなく、ライフや浜寺病院も建替えのための撤去工事が行われています。羽衣駅前再開発事業も含め、市内の至る所で大きな工事が行われている印象です。いずれも勿論、事故無く、そして周辺住民に不安を与えることなく、安全確実な工事を実施して頂きたいものです。その辺りのことについて、市がどれだけチェックするのか(出来るのか)確認しようと思っています。

また、今年度の補正予算には前回の定例会で色々な経過があった、議員全員協議会室のカメラ設置予算48万2千円が計上されています。議場のカメラの更新予算は当初(3月)で計上されましたので、これで本会議も委員会もデジタルカメラで撮影出来ることとなります(工事は9月議会の後になるようですが)。

さらに補正予算で計上されるのは、教育費に於いて国の委託事業である「心のバリアフリー推進事業」の予算と府の委託事業である「道徳教育推進事業」の予算です。いずれも大切な教育だと思います。内容の確認と、高石の教育ニーズに沿ったものになるよう要望したいと考えています。

現在はまだ音声傍聴のみですが、ご都合が宜しければ傍聴にお越し下さい。なお、議場で傍聴して頂ける「一般質問」は今のところ13日(水)~になりそうです。確実なことが分りましたら改めてブログにてお知らせ致します。

Leave a Reply