本当の子育てナンバーワン

兵庫県明石市の市長インタビューに感動しました。「子どもの貧困」は「子どもへの政治の貧困」という気付きが市長として素晴らしいです。これこそ本当の「子育てナンバーワン」だと思います。

今回の高石市議会で露呈したことは、高石市は子どもへの政治が貧困=子どもに税金を使わないということです。子ども医療費助成も来春には府内で最低となります。アプラ3階に子どもの遊び場(ハグッド)がある、と言うかも知れません。しかしハグッドは事業者には多額の税金を支払っていますが、それを利用できるのは就学前の幼児だけ。1時間、保護者と子どもで500円の利用料が払える人だけ。そして他市からの利用が53%。高石市民の税金の使い途としては「子育てナンバーワン」には程遠いと感じます。

さらに公立幼稚園の保育料を信じられない方法で値上げ強行。このことのメリットは誰が享受できるのか。市長が自分の施策を否定されたくない、という面子だけで再議に付したのか、とも思ってしまいます。このような市長が「子育てナンバーワン」という不思議さ。理不尽さ。

次回の近畿市民派議員学習・交流会は明石市で開催されます。もちろん、明石市の子育て施策についての講義も用意されているようです。色々なことを教えて頂き、少しでも高石市政に活かせるように学びたいと思います。

議会が5日(火)に終わってから、6日(水)は水道関係の情報公開。8日(金)は水道と国保の情報公開。9日(土)は事務所でのフリートーク。11日(月)は市民の方からのご相談。13日(水)は京都に前川喜平氏の講演会に行き、15日(金)は明日の議会の議案発送。18日(月)は総務文教委員会、19日(火)には国保運営協議会を傍聴し、20日(水)は教育委員会定例会を傍聴。21日(木)は質問準備で午後から役所へ。

そして、明日(正しくは本日)は今年最後の議会、高石市泉大津市墓地組合議会です。こちらも筋が通らないと思うことが多々あり、質問準備に追われています。既に午前1時を回りました。たった一日の議会ですが、やはり準備には時間が必要。今までの経緯、予算・決算、規約・条例などを読み込みながら原稿を整えています。でも、眠くて頭が回らなくなってきたので、ブログを書いたら休むことにします・・・ZZZ・・・。

Leave a Reply