修正案可決し臨時議会終了。

多くの子どもたちとママ達が傍聴に来てくれました

多くの子どもたちとママ達が傍聴に来られました

3日間続いた臨時議会が本日多くの傍聴の方々が見守る中、幼稚園の廃止案に対して1年順延の修正案および子育てウェルカムステーション内に一時預かり保育事業を入れること、上記2件に対する補正予算を可決して終了しました!

私は、今までもずっとブログにも書き、初日・二日目の委員会でも発言したとおり、今回の(今回に限らず毎回の)市立幼稚園の廃止は余りにも急すぎて子どもの最善の利益が確保できず、また、子どもたちも保護者も何の心の準備もないままに「廃止」が決定され続けていくことに反対してきました。また、公立幼稚園の一定の役割を考えると廃止ありきで進むことに異議を唱え続けてきました。

ましてや今回は、中学校区に1園残す、として耐震化や大規模改修までしている幼稚園を廃止にする理由が見当たりません。そんな中、昨日の審議のラストで高志会より修正案が提案されました。その内容は、市長提案の原案では平成30年4月から加茂幼稚園一園に統合する、というものを、1年順延し平成31年4月からとする、というものでした。

1年順延の修正案が出されたことで、現在の3歳児さんが卒園するまで園が残ること、少しでも急激な変化を食い止めることが出来ること、検討委員会でも保護者委員から「せめて1年の順延を」という切実な声が出ていたこと、また各幼稚園PTA会長名で「早急に決めないで充分に時間を掛けて慎重審議を」「保護者の理解・納得を得られるよう、市・教育委員会に説明責任を果たさせるように」という内容の要望が出ていたこと、などを総合的に考え修正案に賛成しました。各園での来年度からの3歳児保育を求める声に応えることが出来なかったことを申し訳なく思います。

最善の策は3園がこのまま残り、3歳児保育も実施し、市民に広く公立幼稚園をPRし入園者を増やすことです。しかし、行政にその気が無い中、次善の策ではありますが、私は1年順延の修正案に賛成することを選択しました。そして、この修正案が賛成多数で可決されたのです。これは、3園の幼稚園の保護者の方々が手を取り合って、夏休み中にも関わらず再編検討委員会の傍聴や議員への要望活動、また署名やチラシによる市民への周知活動などに本当に積極的に取り組まれた結果だと思います。保護者の皆様に心から敬意を表します。

でも、これで終わりではありません。3歳児保育の早期実施やこれからの公立幼稚園を少しでも魅力あるものにして入園児数を増やすことなど課題は山積です。現在の在園児さんは勿論、これから高石市で育ち幼稚園に通う子どもたちも含めて「どんな風に育って欲しいのか」という明確な方向性を定め、そのために必要な手立てを考えることが大切です。それは決して市の主張する「複数学級で競争意識・対抗意識を育てる」ことではありません。ひとりひとりを大切に育て、子どもたちに自己肯定感を育むことこそが幼児期に求められるのです。自分を大切に思う気持ちがベースにあるからこそ、人を信頼することが出来るのです。

今日、臨時議会が終わったばかりですが、明日、9月議会の議案発送です。9月議会の中でも、できる限り幼稚園のこと・子どもたちのことに取り組みます。今後も高石市立幼稚園の動向にご注目下さい。

 

 

4 Comments to "修正案可決し臨時議会終了。"

  1. 一市民's Gravatar 一市民
    2016年9月1日 - 8:11 PM | Permalink

    高石市の公立は幼稚園も保育所も非常に質の高い幼児教育(及び保育)が行われています。
    市長が(幼稚園保育費用に対し)民間の負担になってはいけないという事を言ったそうですが、
    民間が最も脅威に思っていることは諸費用ではなく高石市の公立保育所と公立幼稚園の職員のレベルの高さだと思います。
    そういう高石市の資産すら市長は分かってない様子です。
    恐らく市長はどこぞの法人から「民営化に協力したんだから邪魔な公立を全部潰せ」とか言われて急いで潰しているんでしょうかね?
    別の理由かもしれませんが、高石市の市長は残念ながらその程度に思われている人格者です。
    どちらにしても認定子ども園で民間に幼保一元で行う施設も出てきたのも公立幼稚園廃止の原因でしょうか。
    質の高い職員が揃っている高石市の公立幼稚園、保育所は民間法人から見れば邪魔でしかない存在ですから・・・。

    極普通の知能がある市長なら
    「官民共に切磋琢磨し高石市の教育、保育の質を日本一にして下さい。」
    というのが普通です。
    市長は高石市を子育ての街とか、耐震化とかクーラー設置とかを方々で放言していますが、
    それを言うなら、いちいち公立を潰して質を低下させるような悪政は敷かないでしょう。
    自分で言ってる事とやってることが矛盾している事すら分からないオツムなのでしょうか?

    新しい建物が出来たら素晴らしいことが出来ると思っている。
    坂口市長が市長になる前に寺田元市長を箱物箱物と罵倒していましたが、
    阪口市長は寺田元市長に劣らず立派な箱物市長です。
    中身が伴わないものばかり残る・・・夏草や馬鹿者達の夢の跡・・・といった所でしょうか?

  2. 元羽衣幼稚園保護者's Gravatar 元羽衣幼稚園保護者
    2016年9月2日 - 2:50 PM | Permalink

    一年延期はよかったですが、廃園はやっぱり納得ができません。
    ニーズがあるかわからない(あちこちの幼稚園、保育園で一時預かり制度があるし、今度は公立幼稚園でも預かり保育がはじまるので)アプラのウェルカムステーションに4000万円も出せるなら、必要だと訴えている、耐震工事も終わっている公立幼稚園を維持する費用を出せないわけはないと思うのですが・・・
    本当に、幼稚園が足りなくなることはないんですか?
    羽衣幼稚園が廃園になる時に、市役所やアプラに園児の絵を展示するときには、”廃園になります。”のメッセージを表示したり、”楽市楽座”で廃園をアピールするテイッシュを配ったり、”さよなら羽衣幼稚園”のイベントをしたりと幼稚園からも廃園を知らなくて入園できなくて困る人が出ないようにいろいろアプローチしたのですが、今でも、「草ぼうぼうになっててビックリ!いつ廃園になったの?」と言われます。
    私は、今回たまたま廃園当事者のお母さんを知っていたからまた廃園にさせられることを知っていますが、知らない人が多いと思います。公共の財産なのだから住民説明会が必要だと思います。”幼稚園があるから家を買ったのに”という人が出ないように、宅建業者等に廃園になることを必ず説明してもらってください。
    あと、廃園後、草ぼうぼうは困ります。
    廃園前に、そのあとどう活用するかを必ず決めて、予算も取ってから廃園にしてください。耐震工事が済んでいる建物なので、児童公園、児童館、公民館のような利用がいいと思います。
    草ぼうぼうの羽衣幼稚園の整備も羽衣小学校のぼろぼろプールの改修も早急にお願いします。
    これで、すごく良かった幼小一体教育ができるのが、加茂小学校だけになってしまうのは大変残念です。
    まだ撤回の可能性があるなら廃園阻止をよろしくお願いします。
    (PS・大学教授なのにエビデンスのない複数学級をいう検討委員長の関西福祉科学大学畠中宗一教授って似非なの?と思わず検索してしまいました。保護者代表の松田さんの、”きちんともまれながら生きることができなくて、子どものウェルビーイング(well-being良好な状態)にとって望ましくないとする科学的根拠などがあるなら、保護者のみなさんにわかるようにご教授いただきたい”という発言が、この人の著書からきているのを知って、松田さん、スゴイ!!と感心しました)

Leave a Reply

1 Trackback to "修正案可決し臨時議会終了。"

  1. on 2017年7月14日 at 1:28 AM