臨時議会

北幼稚園・高陽幼稚園の名前が消されています。

北幼稚園・高陽幼稚園の名前が消されています。

昨日、臨時議会の通知と議案が手元に届きました。議案は3つ。

「第1号 高石市立幼稚園条例の一部を改正する条例制定について。」これは、北幼稚園と高陽幼稚園を平成29年度末に廃園にするために、幼稚園条例から名前を消す、という条例です(写真参照)。言い出してから結論を出すまでが早すぎです。

「議案第2号 たかいし市民文化会館条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について」これは、6月議会で改正した条例をさらに改正する、という訳の分からない条例です。6月議会ではアプラに新たに作る子育て施設(?)については有料で保護者同伴で遊具で遊ばせるものであって「一時預かりはしない」「これがベスト」と言い切っていたのに、今回の条例では1時間700円(休日は800円)で一時預かりをする、というもの。言い出したことを簡単に変えすぎです。

「議案3号 平成28年度高石市一般会計補正予算」これは、唯一残る予定の加茂幼稚園の改修の「設計」に842万2千円が計上されています(工事費は数千万単位になると思われます)。加茂幼稚園を含め、3園の公立幼稚園は平成25年に大規模改修をしたばかり。そのうち2園を廃止、1園はさらに改修。税金の大無駄遣いです。また、アプラホールに有料の子どもの遊び場などを作り業者に管理をさせるための『指定管理者委託料』を4156万3千円計上しています。

さて、これで本当に「子育てナンバーワンをめざす」まちと言えるのでしょうか。私は言えないと思います。何でも思いつきのようにコロコロと政策を変え、市民が市を信じて納めている税金を無駄にする。3年前に大規模改修したばかりの幼稚園を廃園する。誰も求めていない有料の遊び場に、市民の税金1260万円も使って大型の遊具を設置し民間業者がそれを使って営業する。

絶望的なまでに「子育てのまち」から遠ざかっているのではないでしょうか?

市長は「子育て」をどのように考えているのか。子育ては日常です。子育ては生活です。毎日を楽しく安全に過ごすことが一番。家族だけではなく地域全体が子どもを身近に感じ大切に思える環境を作ることが求められるのです。子どもは「自分は大切にされている」と実感することで自己肯定感を育み自信をつけていきます。それは家族から、身近な大人から、お友達から、先生から、いろいろな周りの人たちから子どもが受け取る「ギフト」です。「おはよう、って言ってくれて嬉しいわぁ」「今日もにこにこ笑顔が良いねぇ」「気をつけて行ってらっしゃい」・・・このような会話をするチャンスを行政が奪ったらあかんと思います。

臨時議会の日程が25日の議会運営委員会で決まったらお知らせします。是非傍聴にお越し下さい。

 

10 Comments to "臨時議会"

  1. のぞまま's Gravatar のぞまま
    2016年8月23日 - 11:57 PM | Permalink

    今の高石市がしていることを見ていると、山敷さんのおっしゃるとおり
    に行き当たりばったりというのがぴったりな気がします。
    幼稚園の統合にしても、言い訳のような複式学級というお題目だけで
    子供たちにどんな教育を提供したいのかという本気のビジョンが見えません。
    子供たちに幼稚園でどのように過ごして何を学んで欲しいのかを
    ちゃんと考えた保護者の方々が納得できる内容での統合なら、
    反対なんて起こらないと気付いていないのでしょうか・
    複式学級やったらあとはなんでもいいわけじゃないし、
    単学級でもそれを補ってあまりある素敵な教育ができる場合もあります。

    毎日家族や先生だけでなく、お友達の保護者の方や地域の人たちに
    見守られて過ごすことの出来た地域の幼稚園がなくなるのは
    本当に残念なことだと思います。
    今の様子を見ていると新しくなる幼稚園が
    それを補えるほど良いになるとは思えないのも悲しいです。
    子育てしている人の声を無視した政策を計画性もなく実施している
    今の高石市では「子育てNO1」を名乗る資格はないと
    市長に向かって言いたいです。
    それから、税金無駄に使わないでとも!!

  2. ケロの母's Gravatar ケロの母
    2016年8月24日 - 9:38 AM | Permalink

    8月17日(水)13時より、高石市役所 正庁大会議室にて署名の提出をしました。
    たった2週間にも関わらず署名2230名分(最終2500弱名)を集めることが出来ました。
    市長の出席はありませんでした。出席は、藤原教育長・木嵜部長・西川課長・神志那課長でした。

     藤原教育長は、在園児は卒園出来るんだからいいじゃないか、キッズは在園児じゃないから直接関係ない、という風な発言の仕方。もしくは、キッズの存在もはっきりわかっていない様にも感じました。
     あるお母さんが真剣に話をしている最中に、「どこかで聞いたことのあるようなセリフだ。」「読んだことある。」と藤原教育長は笑いました。子どものことを想い一生懸命訴えている最中に笑うなんて、
    とても失礼な態度であるうえに、教育長として信じられない行動でした。
     そして、「なぜご理解いただけないかわからない。」といった様な発言まで飛び出す始末でした。

     教育委員会としては、保護者の理解が得られなくても、予定通りに進めていくと宣言しました。
    開いた口が塞がらないという言葉はこのことかと思うほどの絶句でした。

    藤原教育長と話していてもらちが明かないと思い、市長に話を聞いていただこうと市長室に訪問しましたが、市長は公務でいないと言われ、公務であるのにも関わらず、何の公務かも教えていただけませんでした。
    しばらくして副市長が出てきてくれたのですが、「幼稚園再編の件は教育委員会の案件なので、そちらで訴えていただかないと」「むしろいきなりアポもなしに来られても・・・」と非常識だと言いたいように感じました。

     その後、15時より教育委員会の傍聴をしました。
    幼稚園再編の議題は2番目でした。各委員が、バスについて・地域交流について・支援の必要な子などについて確認や質問を出されましたが、各委員全く被ることのない質問や意見で、保護者が
    たくさん傍聴にきていると分かったうえでのパフォーマンスのようでした。
     そして検討委員会での答申に異議なし。ということで教育委員会でも可決されてしまいました。

     委員会後、では市長に話を聞いていただくためにアポを取りに行こうという事で、
    市長室に訪問しました。が、やはり市長は不在。対応してくれた古川課長に明日中の返答連絡をお願いしてきました。

     
    17日19時ころ小倉さんから電話がありました。
    古川課長から連絡がありましたが、市長は「会えない。」と言っているとお伝えくださいと
    言われましたと。理由としては、日程が合わないとのことです。

    22日に議案提案されたとのことですが、理由として適正規模の推進に伴い再編が必要。と…
    あんなにも言っていた、再編の1番の理由、複数学級はどこへ行ったのでしょうか。保護者説明会でどんな質問をしても、複数学級の早期実現。複数学級。複数学級に無理やり結び付けて質問の答えにもならない返答をしていたのに。検討委員会の委員長ですら、複数学級が望ましいと思います。と言っていたのに、さんざん推してきた理由と議案の理由が違うなんてありえる事なのでしょうか。

    全く中立ではない畠中委員長の元での検討委員会、教育委員会も、藤原教育長も阪口市長も、
    全く保護者の声を聞いてくれません。
    このままでは、答申(H.30.3月廃園・H.30.4加茂統合)を議案提出され、臨時議会によって
    議決されてしまいます。
    こんなにも強引に、早急に、ただ市長の思惑通りに進められてしまうのは納得できませんし、何とか阻止したいと思います。

    長文・乱文失礼いたしました。

    よろしくお願いいたします。

  3. 元's Gravatar
    2016年8月24日 - 5:38 PM | Permalink

    ケロのお母さん、頑張ってください!!応援します!
    新しい教育長もダメな人なんですね・・・。
    羽衣幼稚園の時は、佐野教育長という女の人だったのですが、”お母さんたち、泣いているのですよ!”と会長が訴えても、”ああ、泣く泣く!(笑)”というえげつない対応で、こんな人が教育長なんだと高石市の教育委員会が嫌になったんですが、人が変わっても体質は変わってないんですね。
    (先輩のお母さんに聞いたら、佐野教育長は、取石等ほかのお母さんたちも泣かされている評判の悪い人だと教えてもらいました)
    阪口市長もダメですよ!
    本人に直接署名を渡そうとしたら、手を後ろに回して、怖い顔をして、頑として受け取らなかった市長です。
    ”あったかいし~”やアンパンマンの歌を大声で歌う姿を市民に見せてますが、目が笑ってません!保育所の民営化や、幼稚園の廃止などで市長の冷たい対応を知った市民は、演説を聞いても、しら~っとしています。
    複数学級も言わなくなったんですね。
    真の子育ての町のつどいでもらった資料に”複数学級が単数学級より望ましいとするエビデンスはない”とありました。羽衣幼稚園が無くなって、北幼稚園は複数学級になりましたが、”複数になってよくなった”というお母さんの意見は聞かなかったです。
    逆に、”人数が多くなったからせまい!””羽衣幼稚園はよかった!”はよくきいたのですが。複数学級は意味のない理由だったんでしょう。
    和泉市や堺市の幼稚園に入る人が多いため、今までは、幼稚園が足りていたと思いますが、公立幼稚園が1園になったら入れない子供も出てくるのではないかと危惧しています。小学校との連携教育が無くなってきて、中学校との連携になり、高石市の教育力が弱くなったかも?と思っています。
    羽衣幼稚園の時と違い、ABCテレビや関西テレビ、読売テレビ、八尾のお母さんや阪南のお母さんとの交流など、大きな活躍になっていてすごいです。
    大変だと思いますが、頑張ってください。

  4. あずりん's Gravatar あずりん
    2016年8月26日 - 12:01 PM | Permalink

    山敷さま、乱筆、乱文になりますことを先にお許しください。

    ケロの母さん、頑張ってください、と言うか、残りわずかなことしかできませんが、一緒に頑張りましょう‼

    市長にしろ教育長にしろ、その応対はいかがなものなんでしょうか?
    教育長にしては真剣に話している人を鼻で笑う、だなんて
    我が子であれば、がっつり言って聞かせてます。

    市長にしては逃げる逃げる。
    一市民の話を聞いてもらえない市長の話なんて誰も聞きませんよ?
    幼稚園の行事とか来てほしくないです。
    むしろ、帰ってください、って言いたいです。

    市制50周年だ、とか言ってますが、その代償が2園廃園の1園再編になることだなんて悲しすぎます。

  5. のぞまま's Gravatar のぞまま
    2016年8月26日 - 10:43 PM | Permalink

    ケロの母様
    本当に腹立たしく悔しい思いをされたことだと思います。
    今の教育長さんについては、行事での挨拶や態度を見て
    あまりいい印象は持っていなかったのですが、やる気がない
    だけでなく人を思いやる気持ちすらなかったとは…。
    そんな人が高石市の教育に責任を持つ立場だなんて
    幼稚園だけでなく小・中学校の先行きにも不安を感じます。

    うちの息子は羽衣幼稚園が北幼稚園に統合された年に入園しました。
    より良い幼稚園の運営を考えているのであれば、統廃合でどう
    変わったのかを調査するのは当たり前だと思いますが、
    在園中の2年間聞き取り調査はおろかアンケートさえなかったです。
    こちらから園長先生にはいろいろ要望を出しましたが、
    まともな返事が帰ってくることもありませんでした。
    正直1園になっても園児が増えるような幼稚園になることは
    望み薄ではないかと危惧しています。
    園児たちが地域の人や卒園後に通う小学校の生徒と交流し、
    みんなに温かく見守られて育っていった市立幼稚園が無くなって
    しまうことはとても残念です。
    その温かい教育がこれからの子供たちに少しでも残してあげられ
    るように願っています。

Leave a Reply