ご卒業、おめでとうございます!

今年で第69回の卒業式でした

今年で第69回の卒業式でした

議会も何とか予定通り14日で終了し、本日は高石中学校の卒業式に参列させて頂きました。

昨日の雨はすっかり上がり、今日15日は良いお天気。しかし、体育館は寒かった・・・。

式が始まり、よく考えられた卒業証書授与の流れに感心しながら座っておりました。校長先生の式辞も、高校入試の面接練習の面接官を務められた中で「空気を読む」ことを自分の長所として挙げる生徒が何人か居たことを取り上げられ、自分を抑制して周りに合わせるより「ありのままで」が大切、とアナ雪の一節を歌われたりとユニークなものでした。

が、しかし。その後に登壇した市長が、話の脈絡は忘れましたが祝辞の最後に「校長先生も歌われたので、市長さんも(←自分で“さん”を付けるのもどうなのか・・・)歌います!」と、いきなり大声で「アン、アン、アンパンマン優しい君は~♪」と歌い始め「高石中学校卒業生バンザーイっ\(^_^)/」と、これまた大声で仰って祝辞を締めくくられたのには驚きました。

私は20年間学校現場で勤めた中で入学式や卒業式という節目の行事は、普段きちんとすることが苦手な生徒さん達にも「ここは頑張りどころ。きちんとした服装・髪型・態度で自分たちの式にしっかり参列しよう」と指導してきました。厳粛な雰囲気も大切にしよう、と教員側も一所懸命に取り組んだことを思い出しつつ、市長の祝辞には、私は大きな違和感を覚えました。

しかし、その後の在校生の送辞や卒業生の答辞は立派なもので、生徒さんの思いを充分に感じることが出来ました。特に答辞で先生方や保護者への感謝の言葉が語られた時には、中学生できちんとここまで考えて言えるなんて凄いなぁ、と感動しました。

義務教育を修了し新たなステップへと踏み出す卒業生のみなさんに幸多かれと祈ります。ご卒業、おめでとうございます!

 

 

 

Leave a Reply