大阪国際石油精製株式会社へ

まずはパワーポイントでご説明を伺いました

まずはパワーポイントでご説明を伺いました

10月29日に臨海部にある大阪国際石油精製株式会社に、議員有志で見学に行かせて頂きました。これは9月8日に行われた政経懇談会(年に2回開催される商工会議所と高石市議会議員の懇談会)で、懇談終了後に大阪国際石油精製の方に地震・津波対策について伺ったところ、是非一度見学に、と声を掛けて頂いたことから実現したものです。

当日は石油タンクなどの地震・津波対策について、現地をご案内頂きながらご説明を伺いました。思っていた以上に地盤の液状化対策も施されており、タンクの補強工事も現在進行形で進んでいるところも見せて頂き、着々と対策を講じられていることを目の当たりにすることが出来ました。お忙しい中、ご説明・ご案内して下さった担当の方々に感謝いたします。

高石市では11月5日に津波避難訓練が行われます。やはり津波対策は水平避難、つまり東に向かって逃げることが第一だと思っています。大阪府の想定では堺泉北臨海工業地帯で1.7万klの油製品が流れ出ると言われています。そこに着火したら市街地にも延焼することにも言及されています。

この度の見学で、会社としてはしっかりと対策に取り組んでおられることを直接見せて頂き安心することは出来ました。しかし、臨海部には他にも様々な製品を扱っている会社があり、100%大丈夫とはなかなか言えない状況です。

高石市では危険と隣り合わせであることを忘れず、最大限の対策を取ることが求められると思います。

 

 

Leave a Reply