特別委員会など

3月13日に終了した定例会で、議会から提出した議案が3つありました。

そのうちの一つが議案第27号「市議会における災害時の対応に関する調査特別委員会の設置について」です。これは災害時に議会の果たす役割について決めておこう、という主旨で全会一致で決定されました。クリア高石からは寺島議員が委員として参加しています。

本日3月26日に1回目の委員会が開催されたので傍聴しました。今後の日程や視察についてなどが話し合われていました。今年の9月議会での決定を目標として、議会の閉会中にも継続審議をします。

議会から提出した議案の残り2つは、議案第28号「高石市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について」もう1つは議案第29号「高石市議会議員の定数を定める条例の一部を改正する条例制定について」です。

第28号の提出者は寺島議員と山敷の2名。寺島議員が議場での提出理由の説明を行いました。議案29号の提出者は松本善弘議員、松尾京子議員、永山誠議員、松本定議員の4名ですが、会派代表者として出されている、とのことでした。畑中議員が議場での提出理由の説明をされました。

この2つの議案についても議会閉会中の継続審査となっています。いずれの議案についても進捗があればまたお知らせ致します。

 

Leave a Reply