第89回市民派議員交流・学習会

島本町まで行ってきました!

島本町まで行ってきました!

昨日は、島本町ふれあいセンターで開催された、第89回市民派議員交流・学習会に参加しました。

テーマは2つ。午前中は「子ども・子育て支援 新制度について~何ができるのか、何をしなければならいのか」奈良女子大学大学院人間文化研究科教授中山徹氏によるお話でした。午後からは「地域公共交通政策~基本理念・計画手法・観光まちづくり~」京都大学大学院工学研究科教授中川大氏によるお話でした。

午前中には、新制度についての市町村の役割と今後のスケジュール、議員としてチェックすべき内容などについて非常に分かりやすい講義でした。印象に残ったのは、全国の市町村で急ピッチで進められる「子ども・子育て支援事業計画の策定」について。今後は子育てに関するすべてのことが事業計画に基づいて進められるので、この計画をきちんと立てた市の子どもは幸せである、という先生のお言葉でした。高石市の事業計画がどのように策定されるのかに注目しなければなりません。

午後からの公共交通政策に関する講義も、高石市で行われている「ブランド戦略」を思い浮べながら、そして余りの違いに愕然としながら、興味深く拝聴しました。講義終了後、個人的に講師の先生に高石市の現状を話しアドバイスをお願いしました。目から鱗のお話をして頂き、本当に勉強になりました。

また、お昼休みに「アピールタイム」があり、私は高石市で進められている健康クラウドについて話しました。実は10月10日・11日に開催された、全国の首長に声の掛かる「第75回全国都市問題会議」でのテーマがスマートウェルネスシティだった、と聞き、他市町村の議員にも実態を知って頂く必要があると思ったからです。

「詳細は、めぐみ通信11号を読んでください」と言ったところ用意した部数は全てなくなりました。関心をもって頂けたようです。アピールして良かったです。

さて、今日は議会報告会の1日目です。皆様、どうぞお越しください!

Leave a Reply