水防演習

今日は水防訓練でした

今日は水防訓練でした

大和川左岸で本日の午前中に泉州水防事務組合による「水防演習」が行われました。私は組合議員でもあるので昨年に引き続き行ってきました。

炎天下にも関わらず276名の水防団員が土嚢を造り様々な工法で積み上げていく、という訓練を行っていました。

泉州水防事務組合というのは忠岡町・泉大津市・高石市・堺市で構成されており、沿岸の高潮への警戒や河川の氾濫への対応を主眼として取り組んできた組合です。津波は含まれないのか、と平成23年11月の水防議会で質問したのですが「水防法には津波は含まれていない」という答弁でした。しかし、平成23年12月に水防法が改正され津波も含まれることとなったことについて昨年11月の組合議会で質問したのですが、水防組合としての基本活動に変化はない、という答弁でした。ただし水防団員の安全確保については水防計画に明記した、とも答弁がありました。

高石市においては水防団員は市の職員ですので6名です。忠岡町は20名。泉大津市も20名となっています。

昨年もゲリラ豪雨などで土嚢を積んだりする場面が多くみられました。大変な任務だと思いますが、市民の生命・財産を守るという大切な役目を担っているということで今後も十分な体制で臨んで頂きたいと思います。

Leave a Reply