デメリットはありません!

朝からの予算委員会では、昨日の私の質問に対する答えから始まりました。

自治体クラウドに関する知的財産権はソフトに関しては事業者に帰属だが、中身、すなわち高石市民に関する情報については市に帰属するし契約書や仕様書にもそのことを盛り込む、ということでした。その理由は事業者の「創作性」が認められないから、という国の見解が示されているようです。

さて、あれこれと質問をして最後に「自治体クラウドの導入は市民にとってどんなメリット・デメリットがあるのか」と訊くと・・・。

「メリットは災害時にサーバの安全性の確保が出来ること。経費の削減になること。」ではデメリットは?「ありません」

クラウドのデメリットがない、ということはおよそ考えられません。NTTでさえデメリットとして「ネットワーク障害が発生するとクラウドは利用できないこと」「ヒューマンエラーは故意・操作ミスを問わず必ず発生すること」などを挙げています。デメリットはない、と言い切ってしまうとデメリットに対する対応策も考えなくてよい、ということになります。市民の基本情報をすべて扱うクラウドに対して危険すぎる見解と言わざるを得ません。

元々今回のクラウドの提案は唐突でした。先行する大阪狭山市に電話で問い合わせるとクラウドの導入に関して個人情報保護審査会を開催されていますし、四条畷市は大震災以前より行政情報化推進委員会を作ってクラウドの導入を検討されてきて、今年の導入となったそうです。

高石市は、今年の3月に市長の施政方針演説に「自治体クラウド」が登場したことにより、4月に初めて担当課が他の課と共に打ち合わせを行い、今6月議会に予算を提出。もちろん個人情報保護審査会も開催されていません。今後、開催する予定もない、ということでした。また高石市が定めるセキュリティポリシーにも反しているのではないかと思います。こんな大事なことを急いではいけません。昔から「急いては事を仕損じる」と言います。

以上のことから、私は予算の原案には反対し共産党の出された「自治体クラウド分を抜いた修正案」に賛成しました。しかし、修正案は共産党とクリア高石の4人の賛成のみで否決され、原案が可決されました。

さて、明日は10時より代表者会議で決議・意見書についてを話し合います。クリア高石は「橋下市長の従軍慰安婦発言の撤回と謝罪を求める決議」を提案しています。他会派からもいくつか決議や意見書が出ているので、明日の代表者会議でその取扱いを決定します。その後、議会運営委員会が開かれたのち、本会議に入ると思います。

午前中には11時くらいには本会議に入っていると思います。午後は一般質問かと考えています。お時間が許す方は市役所に進行状況をお確かめの上、是非傍聴にお越しくださいませ!

8 Comments to "デメリットはありません!"

  1. スマート's Gravatar スマート
    2013年6月16日 - 12:56 AM | Permalink

    いつもおつかれさまです。
    予算委員会、市役所で傍聴したい旨、案内係の方に伝えたのですが、予算委員会は傍聴できないとのこと…。時間もなく、断念しました。次の機会に是非と思います。
    クラウドにデメリットが無いと言い切るのも不自然ですね。ほとんどの事柄にメリット・デメリットがあり、それを吟味していくのが普通だと思います。

  2. のぞママ's Gravatar のぞママ
    2013年6月17日 - 2:00 AM | Permalink

    ご無沙汰しております。
    議会、お疲れ様です。
    クラウドにデメリットはありません発言、本当に不安を覚えますね。
    別に新しいことをするのがいけないというわけではないのですが、
    重要な個人情報を取り扱うわけですから、慎重に進めるのが当たり前だと思います。
    システムのトラブルや情報の漏えいはどうしても情報管理にはつきものです。
    管理の際のルール決めや考えられるトラブルに対策などに気を配っていても
    なかなか完璧にはいっていないのが現実です。
    それなのに、メリットだけを見てデメリットを考えてもいないのでは、
    トラブルが起きた時に対策が遅れて大惨事が起きる可能性は大です。
    取り扱う情報の重要性をもっと認識してほしいですね!

    買い物や取引でもメリットしか言わない人は信用できません。
    デメリットも知って、それを解決する方法を聞いたりやデメリットを考えても
    メリットが上回ると納得できて初めてちゃんとした取引ができるというものです。
    たとえば、投資信託を買うとき高い配当がもらえる(メリット)けど基準価格が下がって
    元本を割り込むこともある(デメリット)→今の状況だと...。みたいな説明という感じです。
    ちゃんとデメリットを説明せずに売りつけた場合違法になるはずです。
    クラウドについても市民に対してもちゃんと両方説明する義務があるのでは?

    クラウドもそうですが、そこまで急ぐ必要性があるのかという案件が
    よく見られるような気がします><

    シーサイドフェスティバルも盛況みたいな話がありますが、参加していた時に
    見た感じでは昼間はお客さんより関係者のほうが遥かに多かったです。
    (ボート会場はみていませんが....。)
    一般のお客さんが多かったのは花火だけかも。
    花火大会だけでもよかったのではというところです。
    来年はこれから1年かけてしっかり企画を練ってほしいですね。

  3. 一市民's Gravatar 一市民
    2013年6月18日 - 10:40 AM | Permalink

    本議会で自治体クラウド導入業務委託事業費と称して4158万円が平成26年度分として出ていましたね。

  4. 吉村 みどり's Gravatar 吉村 みどり
    2013年6月18日 - 5:23 PM | Permalink

    議会お疲れ様です。
    17日の午後から議会傍聴にいかせてもらい、議員さんの一般質問を
    聞かせていただきました。
    クリア高石さんの質問日ではなかったので聞けなかったのは残念でしたが、
    数名の議員さんの質問がされた中で、確か古賀議員さんの質問だったと
    思うのですが、岡山県久米郡美咲町の市政について力説されていたので
    美咲町のHPを見てみました。
    古賀議員さんも言われてましたが、町の取り組みが本当に素晴らしいと
    思いました!美咲町もそうですが、兵庫県の相生市にしても少子化のご時世
    だからこそ子育て世代を優遇する制度をつくり、若者が住みたい町にしていく。
    若者が住めば人口も増え、子どもを育てやすい環境があれば、そこに留まって
    子育てをし、やがて大きくなる子どもも、生まれ育った町に魅力があれば
    またそこに留まって子どもをそだてる。
    今を見るのではなく未来を見ていく・・・高石も十数年前までは子育て世代に
    優しい町だったと・・・

    今では、子どもの安全性よりせせらぎなどの事業に膨大なお金が使われる始末
    空梅雨で水不足が懸念されてる中での開通式・・・人口の川など作らなくても
    古賀議員さんが言われた様に、ケヤキ並木にしてその下にウォーキングロード
    をオシャレに作った方が夏の暑い時でも木陰で歩きやすいと思います。

    誰の思いつきでせせらぎになったのかわかりませんが、市民の意見を大きく
    聞き入れてたらもっと良い道になったのではないのか?と思います。

    古賀議員さんがこれからの子育て案、市政のあり方を市長に質問し
    市長の返答は、意味不明な事をグダグダ言って一体何が言いたいのか?
    わかりませんでした・・・

    最後に美咲町も相生市も公立保育所が殆どで、美咲町にいたっては公立で新園を
    建てられてるもようです。
    どこの市町村も財政難だと思うのですが、この差はどういう事なのでしょう
    と、つくづく思う今日この頃です。

Leave a Reply