予算委員会、途中でストップ

今日は午後1時15分より予算委員会が始まりました。

私はまず議案4号、ふれあいゾーンの温水プールで天井のボルトが5月2日に落下しているのが発見され、利用停止にして緊急修理を行った件について質問と要望を行いました。

「このたびの件について行政として反省すべき点はないのか」と尋ねたら、それに対するストレートなお答えはなく「ボイラーはいつ改修した、更衣室の天井はいつ改修した、だから必要な対応はしてきた」とのお答えでした。ですので「反省すべき点はない、と考えている、と理解しました」と申し上げました。

今回の修理ではボルトとナットの錆が酷く2600組を交換し、防錆塗装をしたそうです。そんなことになるまで放置していた行政の責任は重い、と指摘しましたが大変残念なことに伝わりませんでした。本日よりプールは再開したそうです。

もう少し市民の生命・財産を守る、という本来の役割に立ち返った行政運営をお願いします!と要望しました。

次の議案5号で、自治体クラウドについて少し細かく質問をしました。総務省の出しているクラウド導入のガイドラインに「知的財産権は事業者に帰属することになる」と書いてあったので、市としての対応を訊いたところお答えがなくそこで審議が止まってしまい、明日に持ち越しとなりました。

明日はその答弁から始まります。議案5号に関しては私が一人目の質問者だったのですが、こんな重大な案件なので他の議員の質問もたくさん出ることと推察します。5号が終われば残り3つの議案を審議して予算委員会は終了し、舞台を議場に移して委員会報告と採決となります。その後、一般質問ですが明日中に入れるかどうか・・・。お時間の許す方は明日の午後、市役所に進行状況をお問い合わせの上、傍聴にいらしてください。

Leave a Reply