健康クラウド分析結果

クラウド続きで失礼します!

先日、健康クラウドの分析結果の情報公開請求を行い、1106枚の文書を11060円支払って入手しました。コピーして下さった職員の方も大変だったと思います。ありがとうございます。

・・・なんですが、この健康クラウド、以前から何度もブログにも書いているように、国民健康保険に加入している高石市民11000人以上の医療データと健診のデータ、介護保険のデータをつなぎ合わせて匿名化して利用する、という危険なものです。私はずっと利用に反対してきましたが、残念ながら予算も認められデータも送られてしまったことは以前にも書いた通りです。

しかし分析結果は健康施策の立案に使う、ということだったのに未だに健康施策は立案されていません。分析結果は3月には届いていたと言うのに。。。

さて、1106枚に目を通しましたが、小学校区毎・病名毎に年齢5歳刻み、男女別で掛かった医療費・入院通院の別が掲載されています。中には校区に1人しか居ない、という病名もあり個人の特定も可能ではないかと思いました。

たとえば「羽衣小学校区」「46歳~50歳」「女性」「糖尿病」「入院」「医療費1000万」は1人しか居ない、という感じです(これはあくまでも例です。校区・年齢は山敷をあてはめました)。

これでも個人情報ではない、と言えるのか。このことについては一般質問で確認しようと考えています。

Leave a Reply

1 Trackback to "健康クラウド分析結果"

  1. on 2015年12月25日 at 9:33 AM