深夜までの選考委員会で・・・

6時50分から始まった委員会は深夜11時30まで続きました

昨日、ストップしていた保育所選考委員会が再々開されました。

高石市側の不備でどんどん予定がずれ込んでいるにも関わらず、昨日の委員会では今後の予定が、あり得ない状況で組まれていることが判明。なんと昨日の今日で、今日27日と明日28日で法人の見学に行き、同じく明日の夜に法人のヒアリングを行う、ということになっていました。本来は委員会で決めるべきヒヤリングの日程を市が勝手に決め、あろうことか多数決で決定する、という暴挙にも近い状況でした。

昨年の加茂保育所の委員会の際は、まずヒヤリングがあって、その後に施設見学でした。それも委員会の中でしっかりの委員の予定確認も行われています。資料が手元に来てからヒヤリングまでも中一日は空いてます。それでも資料を読み込む時間はなかった、と聞きました。

昨日の委員会では厚さ20センチにはなろうか、という法人の応募書類が配布されていました。「その資料を明日の朝9時までに読んで法人見学に行けるのか?明後日の夜までに読んでヒヤリングに臨めるのか?どう考えても無理でしょう!」という保護者委員に対しある委員からは「私はこの資料は読みません。先入観を持たない方が良いから。」との発言が。他の委員からも「必要な部分だけを読めばよい」とか「読まなくても見学に行ける」との声がありました。

例えば企業の採用試験で応募書類を読まずに面接することがありうるのでしょうか。これは採用試験と同じくらい重要な、子どもの保育を決める見学とヒヤリングです。施設見学やヒヤリングは採用試験の面接と同じです。書類を読まなくても良いとは、あまりにも酷い。市の日程配分も、応募書類は読まない前提としか思えません。

昨日の委員会では委員長の卜田(しめだ)常磐会短期大学教授は「私はこの日程は厳しいと思う」と仰っておられました。保護者委員の2名も当然、せめてヒヤリングは日程をもっと後ろにするように強く要望しました。しかし、前委員長の菊野樟蔭女子大学教授を含む他の委員は日程を了承し、多数決で決まってしまいました。

小さな子どもを育てている保護者を深夜まで拘束し、何が何でも結論を急ぐという高石市のあまりにも強引なものごとの進め方に、心から憤りを感じた昨日の傍聴でした。

2 Comments to "深夜までの選考委員会で・・・"

  1. nozomama's Gravatar nozomama
    2012年12月5日 - 12:40 AM | Permalink

    選考委員会のこと、私も非常識な状態だと思います。
    小さな子どもを持っている方を保育もなして深夜まで
    拘束する、法人見学は平日にも関わらず予定の連絡もなしで
    で、当日および翌日とは。唖然としました。
    仕事をしている人に休みをとって出席してもらうためには
    最低1カ月くらい前に日程を連絡するのが常識です。
    これは、保育所民営化の賛否以前の問題です。
    また、今回までの流れのなかで、高石市と民営化引き受けの法人の間で
    すでに話ができていて、選考委員会で保護者の意見をきく気など
    さらさらないのではと感じておられる方もいらっしゃいます。
    私も、いろいろ話を聞いたり情報を集めているなかで
    そんな疑念が出てくるのも無理からぬことと思っています。
    高石市は、こんな非常識で関係者に裏取引があるとの疑念をも
    起こさせるようなことをして恥ずかしくないのかと悲しくなってしまいます。

    羽衣幼稚園廃止のときにお会いした教育委員会の方も
    厚顔無恥とまでは言いませんがかなりひどいなあ感じる場面もありました。
    教育に関する理想も夢もなにもなく、ただ上からの命令を
    遂行するのが私の仕事ですという態度に、落胆と腹立ちを感じました。
    正直、こんな人たちに任せていて子供のためになる環境が整うと
    信じることができなくなってしまいました。
    子育て世代が逃げ出して、年寄りばかりになってくるのも当たり前です。
    市議会議員の方には高石市の政策への賛否はともかく
    真面目に子供たちのことを考えてくださっている人もいらっしゃるのに….。
    どうしたら変えていけるのでしょうね。

Leave a Reply