ごみの有料化、委員会で決定

月刊廃棄物・・・この雑誌でごみの有料化の勉強をしました

本日の総務文教委員会でごみの有料化が賛成多数で可決されました。

例に違わず、今回のゴミの件も非常に拙速なものでした。8月23日に廃棄物減量等審議会が有料化の答申を出し、8月28日には有料化の条例案が議員の元に届きました。この間、平日は2日間。いくらなんでも早すぎます。

他市の例もたくさん調べました。写真の「月刊廃棄物」には生駒市の例がのっています。ここは「有料化せずに減量が可能かどうかの検証をし、1年半後に判断する。」という決定をしたそうです。高石市も減量化が目的だと言います。

それなら、市民を信頼し減量化を具体的に訴えれば、高石市でも有料化しなくてもゴミの減量は可能だと思います。仮に目標に達しなかった場合は、そこから有料化を検討すれば良いのです。

この議案には、私と出川議員の2名が反対討論、松本(定)議員と森議員が賛成討論をしました。(正確には森議員は「本会議で賛成討論をします」と一言おっしゃっただけでしたが。)

明日は平成24年度の補正予算の審議をする予算委員会です。このゴミの有料化や羽衣保育所仮設園舎についての予算の審議が含まれます。朝10時から始まる予定ですので、ご都合のつく方は傍聴にいらして下さい。その際は3階議会事務局横にて議案書を借りて頂きますようお願いいたします。(明日は1階ロビーでの音声傍聴となります。)

Leave a Reply