ごみの有料化

本日、議長あてに「一部従量制による普通ごみの有料化(案)に関する市民意見公募(パブリックコメント)の実施について」という文書が届き、議員に配布されました。

概要は、年間一定数のシール(15リットル券)を各家庭に配布し、その枚数をオーバーしてごみを出す場合は、1枚30円の15リットル券を購入する、ということです。例えばうちは毎回45リットルのごみ袋を2袋出しますので、1回あたり6枚のシールが必要です。5人家族で1年目は339枚、4年目で312枚が配布されるそうです。

ごみの減量は必要ですが、有料化だけが減量の手段ではないはずです。全国には分別を徹底して、有料化せずに減量に成功している例がいくつもあります。

パブリックコメントは8月3日から17日まで受け付けているそうです。市のホームページから、または郵送・ファクシミリでも受け付けているようです。有料化(案)もホームページ、および図書館・体育館・公民館などで閲覧できるそうですので、ご覧になり、ご意見をお届け頂ければと思います。

住みやすいまちだった高石市が、どんどん住みにくくなっていきます。公立幼稚園や公立保育所の廃止も住みにくさに拍車を掛けていて、さらにごみの有料化・・・。

一方でブランド化、スマートウェルネスシティ、と暮らしに関係のないと私は思うことに、どんどんとお金がつぎ込まれています。人口が減っていくのも当然、と言わざるを得ません。

ごみの有料化に対するパブリックコメント。形だけではなく、本当に市民の声を聴く行政になってほしいと思います。

2 Comments to "ごみの有料化"

  1. のぞママ's Gravatar のぞママ
    2012年8月9日 - 3:27 AM | Permalink

    パブリックコメント、私なりに書いてめーるしてみました。
    これに関しては、山敷さんのご意見はもっともだと思います。^^

Leave a Reply