臨時議会1日目

本日は議案1号「高石市自転車駐車場条例の一部を改正する条例制定について」が全会一致で可決された後、議案2号「平成23年高石市一般会計補正予算」の審議のため、議員全員協議会が開かれました。

これは、1月17日の新聞各紙で報道された、高石市の冷凍倉庫に対する固定資産税の過徴収による返還金(1億円強)のための補正予算審議です。

全国の市町村では平成18年度に総務省からの通達により冷凍倉庫への課税を見直したにも関わらず、高石市では通達への回答に「該当なし」としていました。しかし、該当倉庫は4棟存在し、このたびの返還金の支払となりました。

審議にあたり、総務省からの通達とそれへの高石市の回答を書面で示してほしい、と要望していたのに、高石市からは書面の提示はありませんでした。そこで、大阪府に問い合わせるとFAX14枚をすぐに送って下さいました。

この一点を見ても高石市がこの事件と向き合わず、都合の悪いことは隠そうとしているのではないか、と疑わざるを得ません。さらに、当時、きちんと倉庫を調査に行ったのか、という質問に対し「行った」と答えるので「その時の書類は」と聞くと「書類は何もない」との答え。調査に行って、書類もないというのは信じられません。何月何日に行ったのかさえ、答えられませんでした。

明日は本会議での審議です。一人30分しか質疑の時間がありませんが、しっかりと質したいと思います。8人の議員から質問通告が出ています。お時間のある方は是非傍聴にお越しください。その際は、ご面倒ですが3階の議会事務局横に議案書がありますので、それを借りてから4階の傍聴席にお越しください。(ニーズが少ない、ということで議案書の貸し出しについては考え直しては、という声もあります。今回から3冊の貸し出しになってしまいました。(前回までは5冊でした。))

2 Comments to "臨時議会1日目"

  1. 堀河和夫's Gravatar 堀河和夫
    2012年1月23日 - 10:45 PM | Permalink

    完全におちょくられていますね!調査に行った、書類はない、日付もわからない。普通はこういうのは調査をしていないと翻訳されますが、高石市役所では調査に行ったと理解されるのでしょうか?答弁云々より日本語として破綻していますね。高石語という新しい言語ですかね、よくここまで議会を愚弄できるものですね!もしこれが真実ならば赤子の使い以下ですね。中学生に行かしても写真と日付の入った何らかのメモか報告書らしきものを持って帰るでしょう。高石市議会ではいくら嘘の答弁をしても罪にはならないのでしょうか?議長に質したらどうですか。地方議会では偽証罪は適用されないのですかね。罪以前に良心の呵責に耐えられなくなるものですがね。こんな人たちに質疑をしなくてはいけない山敷議員に同情します。

Leave a Reply