運営委員会報告

本日の議会運営委員会では、会期が決まりました。
11月30日より12月12日までです。

議会改革については、様々な意見が出ました。インターネット中継に関する他市の状況などを議会事務局がまとめて資料を出してくれました。

しかし「財政難が解消するまでお金のかかるものは凍結すべき」という声が複数ありました。また、市民から議会の改革のニーズはないのでは、という声もありました。インターネット中継をしてほしい、とか、議会だよりをもっと充実してほしい、という要望は来ていない、というのが理由のようです。しかし、他市でのインターネット中継や充実した議会だよりを知っている市民の方は少数だと思います。知らないものを要望することはできません。

市民からのニーズがあってもなくても、開かれた議会の実現に努めるのは議員の大きな仕事のひとつだと思います。議会が市民に開かれたものになってこそ、市民の関心も高まるのではないでしょうか。

また、前回の議会で「試行」した議案の貸し出しも、結局1件しか貸し出しがなかったということで、この12月議会の様子を見て継続するかどうかを決めるようです。ニーズがあってもなくても継続されるべきだと思います。市の持っている情報は本来市民のものだからです。

結局、議会改革については古賀委員長から「各会派で持ち帰って検討してください」と言われました。「財政難が解消するまでは、この話題はやめておきましょう。」という声もあったので、持ち帰って検討になったことは良かったと思いましたが、改革を進めることは本当に困難だと感じました。でも絶対に必要なことですので、一足飛びにはいかないかも知れませんが、しっかりと実現を目指していきます。

また何か進展があれば報告いたします。

Leave a Reply