教育委員会 その2

昨日の教育委員会の議案は3つ。簡単に書きます。
議案1 小中学校の管理運営規則の改正   これは、来年度から夏休みを4日間短縮し、8月28日より2学期を始める。また、創立記念日を休業としない、ということが決まりました。
議案2 市立体育館の管理方法の変更について これは指定管理者が高石市施設管理公社(←解散が決まっている公社)なので、市(教育委員会)の直営に戻す、ということが決まりました。・
議案3 アプラホールの指定管理者について←これが不思議な結論でした。現在は「ハートス」という舞台運営会社に指定管理してもらってるのですが、来年度から高石都市開発(株)とハートスとのジョイントで指定管理する、ということが決まったのです。高石都市開発株式会社は市長が社長を務める、高石市が出資している会社です。なぜ、ジョイントにする必要性があったのか、が全く不明です。規則上は高石市が出資する法人であれば、市長が社長でも指定管理者にはなれるのですが、なぜ、アプラホールの管理・運営をするのか。

これは指定管理者候補者選定委員会が10月31日に答申した、という説明だったので議事録などを公開請求しようと考えています。

Leave a Reply