福岡県飯塚市

今日は9時45分発の新幹線に乗り、博多駅で乗り換えて新飯塚駅に到着。そこから迎えのバスに乗り「トライバレーセンター」に行きました。
飯塚市は炭鉱の町として栄えましたが、国のエネルギー政策の転換により炭鉱は閉山となり、その後の市の発展について大きな課題を抱えていた市です。
しかし、1966(昭和41)年時点で既に大学の誘致に動き、近畿大学産業理工学部の誘致に成功。その後1986(昭和61)年には九州工業大学情報工学部がキャンパスを飯塚市に設置。その後、学園都市・情報産業都市としての発展をめざし、企業を応援するシステムを構築し、トライバレー構想を推進しています。
企業立地促進補助金も要綱で定め、不動産取得補助金など、他では見られない補助金を創設し企業の誘致にも努めています。
なんとか市内の業者を活性化し、飯塚市全体を活性化するべく努力を重ねられていることを直に伺って、高石市にあてはめられることは何だろうか、と考えました。
飯塚市は麻生太郎元総理大臣の家があるところです。驚くような広さの家(?敷地?)でした。

Leave a Reply