決算委員会3日目、4日目(3)

教育費については、力が入りました(^_^;)

審議に入ったのが午後6時。終了は午後8時でした。

まずは、あおぞら児童会について質問しました。昨年のファミリーサポートセンターの利用状況を見ると、あおぞら児童会への送りを依頼している会員数はのべ102名。一昨年の2名と比べると50倍です。これは、児童会が夏休みなどの長期休暇中は9時からしか開設されないことが原因です。教育委員会に「この数字を見たらニーズはすぐにわかるはず」と言うと「その数字は知りませんでした」とのこと。せっかくデータがあっても活用されなければ意味がありません。大阪府内の状況は8時半以前に開設される市が75%!!高石市でも一刻も早く対応してほしい、と要望しました。

続いて、教育委員会事務局費23万5200円を使って作成された「学校耐震化記念誌」について、及び5万2000円をかけて文部科学省から役人を招待しての耐震化記念式典について、本当に必要だったのか、と質しました。しかも記念式典が行われたのは大震災直後の3月25日。このような時期にお金を掛けてまで実行する必要はなかったのでは、と申し上げました。

さらに、中央プールの監視業務について人材派遣会社に委託しているということで、市の関わり方を質問しました。毎日、職員が行って確認している、ということでしたが、確認内容を書面では残していない、とのこと。きちんとしてほしい、と申し入れました。また、高石市では小中学校にプールがない学校があり、水泳の授業が充分に行われていないので、何とか工夫して学習指導要領にある目標を達成できるようにしてほしいことと、せめて中央プールを7月の土日と8月いっぱい営業してほしい、と要望しました。

他にも、英語教育について、中学校の光熱費(エアコンに関連して)などを質問しました。

明日も決算委員会から始まります。台風の動向によっては、対策本部が設置されることも考えられるようで、そうなったら午前中の審議はなくなるかもしれない、ということでした。またご報告いたします。

Leave a Reply