メルマガ登録(解除)完了

メルマガの登録(解除)が完了しました。

 

ありがとうございました。

トップページへ戻る

8 Comments to "メルマガ登録(解除)完了"

  1. 吉村 みどり's Gravatar 吉村 みどり
    2012年5月31日 - 10:28 PM | Permalink

    こんばんは はじめまして
    私 吉村と申します。

    突然 メールさせて頂いたのには 訳があります。

    私は今 羽衣保育所の保護者会で会長をさせて頂いてるのですが、今日 子育て支援課の中島さんより電話があり 突然 羽衣保育所の民営化が決定しました…と

    加茂保育所の民営化から あまりにスパンが短いし いきなりな民営化に断固反対!なので どうか力をかして頂きたいと 思い思いきって連絡させて頂きました!

    よろしくお願いいたしますm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m

    • 2012年5月31日 - 10:42 PM | Permalink

      吉村みどり様

      本当ですか!?全然知りませんでした。どこで話し合われて、どのような経過で決定したのでしょうか。民営化する理由は何なんでしょうか。明日、子育て支援課に確認します。

      それにしてもあまりにも「いきなり」過ぎますね!!

      私も民営化には断固反対です。羽衣保育所はうちの3人息子もお世話になり、私もかつて、保護者会の会長をしていました。

      お力になれるかどうか分かりませんが、是非ご一緒に子どもたちのために頑張りましょう。直接携帯のメールにご連絡いただけますか。

      yam4-meg3@ezweb.ne.jp

      です。宜しくお願い致します。

  2. みさパパ's Gravatar みさパパ
    2013年9月3日 - 4:05 AM | Permalink

    今後はこのアドレスにメルマガ配信願います。

  3. 山口 哲生's Gravatar 山口 哲生
    2014年4月28日 - 5:08 PM | Permalink

    2003年に堺市との合併構想が住民の賛同が得られず実現しなかった事を、当時東京で勤務して
    いた頃報道で知りました。2005年に高石に転宅して以来市政についてあれこれ見て来ましたが
    合併はやるべきだったのではないかと最近思うようになりました。橋下氏の都構想は実現しそう
    にありませんのでこの辺で再度堺市との合併運動を起こされては如何でしょうか。

    • 2014年4月29日 - 6:06 PM | Permalink

      山口哲生様

      メルマガ登録の返信にも書きましたが、私は平成15年当時、合併反対の市民運動をしていました。

      今でも高石市は合併せずに、この規模の市だからこそ出来る魅力的なまちづくりを模索していく方が良いと考えています。

      でも、堺市の方が住みやすくなっていることは否めず、忸怩たる思いです。

  4. REDRICE's Gravatar REDRICE
    2014年7月12日 - 5:01 PM | Permalink

    おめでとう

  5. 藤原重夫's Gravatar 藤原重夫
    2014年7月25日 - 6:42 PM | Permalink

    和泉市に住むものですが、社会的なことにも問題意識を持っています。秘密保護法が施行される前ですが、堺の消防署に「ウランは高石堺の臨海工業地帯も含めて幾らくらいありますかと」電話問い合わせをすると「はっきりしたことはデーターを見ないと分かりませんが、約100トン近くあるでしょう」と答えてくれました。
    生のウランがこれだけで大企業の化学工場には劣化ウランがドラム缶で1800本以上積み上げられていますね。今は規制委員会も環境省も情報公開しても黒塗りですが。国民や市民はもっと怒らなければいけませんね。

    • 2014年7月26日 - 12:34 AM | Permalink

      藤原重夫様

      2012年6月14日にブログに書いた通り、劣化ウラン44トンが臨海工業地帯に保管されています。現場も見てきました。南海トラフ地震が発生し、津波が来たらどうなるのか、と心配になり、担当者に尋ねると「厳重に保管してあるし、さらに現在の建屋の周囲にもっと堅牢になるように増築するという対応を取ります」とのご説明でした。

      しかし、その後は現地に行ってないので現在の様子はわかりません。一度確認してみようと思います。

      無関心は承認のしるし、と以前に教わったことがあります。色々なことに関心をもって、怒るべき時にはちゃんと怒ることが必要だと私も思います。

Leave a Reply to 藤原重夫 Cancel reply